バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

2019年のバーゼルワールドが近づいてきました。今年もロレックスの新作が楽しみですね。大人気モデルのGMTマスター2ですが、新作が出るのではないかと噂が出ています。



souce:RPR



現行GMTマスター2にディスコンの噂が
2018年の暮れ、GMTマスター2 Ref.116710BLNがカタログから無くなり、ディスコン(廃盤)するのではないかと噂になっています。

”関連記事”
ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

2018年には新キャリバーを積んだ赤青のペプシカラー Ref.126710BLROが出ました。それも、ジュビリーブレスを付けて。現行のGMTマスター2は2007年から生産されているので、そろそろモデルチェンジというのもうなずけます。

この10年で大人気モデルになったGMTマスター2はどうなっていくのでしょうか?

現行モデルと過去のモデルからその先を紐解いていきましょう。



現行GMTマスター2は

まずは現行のGMTマスター2のラインナップを確認してみましょう。ステンレススチールのモデルで現在3種類あります。


Ref.116710LN

souce:ROLEX

販売開始:2007年~

先代GMTマスター2よりさらにラグジュアリー感、質感を高めて登場したRef.116710LN

ケースのラグが太くなり、より重厚感を増しました。ブレスレットもセンターが鏡面仕上げとなり高級感が上がっています。
今までのなかったグリーンのコーポレートカラーが施されており、登場から10年でGMTマスター2の価値を一気に押し上げた功労者といえるモデルです。

しかし、登場から10年以上経っていることもあり、モデルチェンジは近いといっていいでしょう。

<<116710LNを探す>>





Ref.116710BLN

souce:ROLEX

販売開始:2013年~

2013年のバーゼルワールドで颯爽と現れたRef.116710BLN。通称”バットマン”と呼ばれます。
ロレックスには珍しい青色を使ったことで人気は急上昇。前述のRef.116710LNと共にGMTマスター2の人気を押し上げてきました。

価格の高騰は凄まじく、ここ数年で1.5倍にもなっています。

この調子で本当にディスコンすれば現在150万円ほどの価格もデイトナ並みに上がっていくんではないでしょうか?

購入するなら今がチャンスです。

<<116710BLNを探す>>





Ref.126710BLRO

souce:ROLEX

昨年のバーゼルワールドで登場した新世代GMTマスター2、Ref.126710BLRO。元々赤と青のペプシカラーのGMTマスター2はありましたが、このモデルは5連のジュビリーブレスを着けて登場しました。

これはホワイトゴールドのペプシカラーのGMTマスター2と区別する為とも言われています。ぱっと見ではわかりませんからね。重さを計ればわかりますが。

または、これから登場するGMTマスター2はジュビリーブレスが標準になるのか?この辺りも見どころですね。

前述の2モデルとの違いはムーブメントが新キャリバー3285になったこと、文字盤のSWISS MADEの間に王冠マークが入ったことです。

大きく変わらないのはロレックスの伝統を重んじるところです。

<<126710BLROを探す>>




GMTマスター2はどう変わっていくか?
まずはカラーから考えていきましょう。海外の有力サイトでは新カラーの”ブルーベリー”が予想されています。過去のモデルもいくつか的中させた情報筋のため、信憑性は高いです。

また、過去のカラーからも予想が立ちます。

ムーブメントはもちろん新世代キャリバー3285を載せてくるでしょう。

souce:ROLEX

それから文字盤の下にはもちろんSWISS 王冠 MADEでくるでしょう。

souce:ROLEX

では新カラーを予想CGから見ていきましょう。


ブルーベリー

souce:RPR


souce:RPR

海外サイトで数年前から予想されているカラーリングです。さらに青色を強めていますね。これがでれば本当に人気が出そうです。

また、ペプシカラーはジュビリーブレスを着けてきたのでこのブルーベリーもジュビリーブレスを着けてくるのではないでしょうか?

2色ベゼルのモデルと単色モデルの差も付けやすいですし、今後はジュビリーブレスを着けてくるかもしれません。

souce:ROLEX


コークカラー

souce:RPR

懐かしのカラーリングです。ペプシカラーと並んでヴィンテージモデルとして現在でも人気があります。冒険を好まないロレックスなら過去のカラーリング復活もおかしくないでしょう。

と言いますが個人的には出ないと思っています。なぜなら2007年から出ているGMTマスター2はカラーに関して新色の方が多く出ているからです。


単色モデル

souce:RPR

懐かしのカラーリングですね。元祖といえるカラーリングです。単色モデルは2色モデルと区別するために普通のオイスターブレスレットが装着されるのではないでしょうか?

イエローとかでも航空に関係が深い時計なんでアリだと思うんですが。


<<GMTマスターを探す>>




いかがでしたでしょうか?
2020年にはエクスプローラーⅠやサブマリーナなど、多くのモデルチェンジがあるはずです。(たぶん。)

今年は大人しくなるか、派手になるか。

ロレックスは予想も出来ない新作を出してくるのでバーゼルワールドが楽しみですね。

楽しみに待ちましょう!!

<<GMTマスターII を購入する>>



”関連記事”
バーゼルワールド 2019のロレックス新作予想!!2019年は何かが起こる?!

ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

ロレックスで2019年中にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!!

コンピューターっぽい腕時計が流行の兆し!!


ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

ロレックスのクロノグラフと言えば”デイトナ”です。が、実はロレックスが密かに新クロノグラフを開発しているようです。


souce:instagram



ある特許をロレックスが取っていた
ロレックスだけでなく、あらゆる製品を作る会社は自身の製品を守るために特許を取ります。もちろんロレックスも。

現在でもロレックスは毎年時計に関する発明をして10~20前後の特許を取り続けているんです。ちなみに2018年度は8件登録されています。

なんと2014年に”デュアルタイムクロノグラフ”の特許が取得されています。

特許を取る理由は新しい製品を作るためです。このデュアルタイムクロノグラフはかなり興味がわきますよね。

特許を取得してから約4年が経過しています。2019年のバーゼルワールドで発表はあるのでしょうか?




どんな腕時計になるのか

souce:ROLEX

有力なのがドレスモデルということ。

デイトナはスポーツロレックスの頂点に立つ存在ですから、普通に考えてみれば、それなりにドレスウォッチとして際立った存在のラインに追加されるはず。

そうなると有力なのがチェリーニです。



チェリーニってどんなモデル?
ロレックスのドレスウォッチ、チェリーニはロレックスを象徴する”オイスターケース”を唯一使わないモデルです。

防水時計ではありません。ロレックスと言えば実用時計としてほとんどのモデルがオイスターケースを使用し頑丈に造られていますが、チェリーニだけは例外です。ブレスも基本は革ベルト。あくまでもドレスウォッチとして重きを置いたモデルです。

素材は現行モデルはホワイトゴールドもしくはエバーローズゴールド。過去にはイエローゴールドやプラチナなど常に貴金属が使われています。

生産開始はなんと1928年。100年近い歴史があります。ロレックスの腕時計の原点と言ってもいいかもしれません。

<<チェリーニを探す>>




ロレックスのクロノグラフの人気

souce:watchestopia.com

クロノグラフという機能は、簡単にいえばストップウォッチ機能です。どのブランドでも当たり前のようにラインナップされていますし、特に珍しい機能ではありません。

ただ、ロレックスのクロノグラフになると話は違います。現行モデル、旧モデル、ヴィンテージ、アンティークモデルなどどれをとってもものすごい人気と希少価値があります。

デイトナが発売される以前、デイトナの前身モデルになるクロノグラフがいくつか存在しますが、1000万円近いものも。

ロレックス ROLEX クロノグラフ 6034 【アンティーク】 時計 メンズ

価格:5,997,600円
(2019/1/4 22:40時点)





ちなみに2017年にはロレックス デイトナ ポールニューマンが有名オークションにて世界最高額20億円で落札され、世間を驚かせました。つまり現時点で最も高価な腕時計というのはステンレス製のロレックスのクロノグラフなんです。




予想のイメージ

souce:RPR

画像はロレックス ファンサイト”rolex passion report”からお借りしています。

サイズはチェリーニ伝統の39mm、デュアルタイム機構を搭載したクロノグラフ。ベゼルは2重ベゼルでエレガントな装い。かなりカッコいいですね。


いかがでしたでしょうか?ロレックスは時計の製造までに非常に時間がかかりますし、冒険をあんまりしませんが、特許から見てみると信憑性もあがります。(特許の申請には多額の費用が掛かるため)

2019年はロレックスが本格的にクロノグラフの開発に着手してから60周年です。

2019年のバーゼルワールドが楽しみですね。


プリンチペ プリヴェ公式サイト


”関連記事”
おすすめのクロノグラフの腕時計 高級品からお手頃価格まで

ロレックスで2019年中にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!!

ZINVOのクロノグラフの完成度が高い

オールブラックの腕時計は男らしさ満点!!

バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

テッドベーカーの時計 メンズモデルがめちゃくちゃオシャレ



40万円以下で購入できるロレックス 賢く一生ものを

ロレックスの価格は近年上がり続けています。要因は、円高や生産本数を絞っている関係で需要に供給が追い付いていないんです。それでも1本はロレックスが欲しい!!という方のためにこの記事では40万円以下で購入できるロレックスの腕時計を紹介していきます。




ロレックスって高いんでしょ?
ハイ、その通りです。高いですよ。新品では50万円を切るモデルはメンズラインにはありません。

しかもロレックスは中古になってもほとんど値が落ちません。それだけ需要があるということです。

それに頑丈さ。G-SHOCKのそれなんかとは違います。キチンとメンテナンスしていけば100年以上は持つと言われています。

実際に50年とか60年以上前のロレックスの腕時計がネットなんかで簡単に買えます。これってすごいことだと思いませんか?


ロレックスの腕時計を買うということは新品だろうが中古だろうが、一生ものの買い物をすることなんです。


じゃあ古かったらデザインも古いんじゃない?と思われるかもしれませんが、ロレックスの腕時計はほとんどデザインが変わっていません。

有名なデイトナやサブマリーナのようなスポーツモデルも60年以上ほとんどデザインを変えずに来ています。一つ一つのモデルがそれだけ完成されたデザインなんですね。


何年かごとに数万円の安い時計を買うより、一本の良い腕時計に愛情を注ぐ方がいい選択だと思いませんか?


40万円以下でも中古品ならいくつかロレックスにも選択肢があります。
それでは見ていきましょう。




エアキング


ロレックスの入門モデルとして知名度の高いエアキング。34mmの小ぶりなサイズ感でビジネスマンに人気のモデルです。

登場は1950年代と非常に長い歴史を持ちます。一時期ラインナップから姿を消しましたが、現行のエアキングは2016年にスポーツモデルとして復活。今回紹介するのは復活する前のエアキングです。


40万円以下ならば2000年代の比較的新しくて状態の良い個体を選べます。

アンティークのエアキング Ref.5500も雰囲気があって素敵ですよ。

”関連記事”
初心者から玄人まで愛される時計 Ref.5500 エアキング




文字盤のカラーバリエーション、種類も豊富で、人と被らないのも魅力的です。
やはり人気は青と黒に集中するようです。


<< エアキング を探す>>





おすすめは断然ピンクの文字盤です。

華やかなのはもちろん、スーツに合わせても全く浮きません。上品さがあります。それに、暖色系なのでサイズが大きく見え、ガッチリ体系の方が着けてもいい感じです。

私の友人は身長185センチの元ラガーマンですが時計の厚みもあるので時計が小さく見えるとかそんなこともなく普段から着けてますよ。




<< エアキング を探す>>





デイトジャスト


ロレックスと言えば”デイトジャスト”です。デイトナやサブマリーナなんかより歴史があるんですよ。

ロレックスの3大発明機構を搭載した超スタンダードモデルです。

ケースサイズはエアキングよりも少し大きめの36mmサイズ。文字盤、ベゼル、ブレスレットにも多様な種類があり、バリエーションは一番多いモデルです。最近では41mmサイズのデイトジャストⅡという大型デイトジャストもあります。

”関連記事”
ロレックス デイトジャストは腕時計の最高峰!!

<< デイトジャスト を探す>>




40万円以下になると、Ref.1601やRef.1600などアンティークが選択の中心になりますが、内蔵されている機械式ムーブメントは名機Cal.1570なので、大抵の修理業者でまだまだメンテナンスができます。

アンティークといえど精度は良いですし、安心して使っていけると思います。ちなみにCal.1570は同年代のエクスプローラーⅠなどにも使われています。

”関連記事”
時計修理、オーバーホールならこの2社に決まり!!



白文字盤は芸能人かたや著名人も使われている人が多いです。冠婚葬祭にもしていけるのでそういう場が多い方には重宝する腕時計になると思います。

”関連記事”
狙い目のアンティークロレックス ref.1601/1600

デイトジャストを愛用する芸能人、著名人の総まとめ




ベルトを付け替えることで色んな表情を見せてくれますし、本当におすすめしたいアンティークロレックスです。

”関連記事”
アンティークのデイトジャストにNATOベルトを着けるとスポーツモデルっぽくなる

<< デイトジャスト を探す>>



チェリーニ



チェリーニはロレックスのドレスラインの腕時計です。実用時計としてではなく、ドレスコードを意識して造られた格式高いシリーズになります。

サイズは小ぶりで秒針はなし。手巻きのモデルが多いのもチェリーニならではでしょう。

ケースはステンレスではなく、ホワイトゴールドやイエローゴールドなど、貴金属が使われています。

格式高いドレスウォッチも今なら40万円以下で手に入ります。時計業界も全体的に小型化が進んでますし、チェリーニのクロノグラフなんかも噂されているので突然の高騰もあるかもしれません。

”関連記事”
ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

<< チェリーニ を探す>>



いかがでしたでしょうか?
確かにロレックスは高いですが、40万円以下で購入できるモデルも探せばあります。

それにいくら古くてもそこはロレックス。メンテナンスをすれば安心して使っていけるのは良いですね。

もしさらに40万円に数万円か足せるならスポーツモデルも見えてきます。

一本あれば一生もののロレックスの腕時計。是非お気に入りの一本を見つけてください。

<<50万円以下のロレックスを探す>>



”関連記事”
おすすめのクロノグラフの腕時計 高級品からお手頃価格まで

一本目のロレックスに!エクワンVSエアキングVSミルガウス

上司に着けて欲しいロレックスの腕時計。部下はこんな腕時計を着けて欲しい

ガガミラノ監修のLEANDRI(レアンドリ)がイタリア時計らしくて渋い!!


現行ロレックスの最もお買い得なモデルとは?

現行ロレックスの中で最もお買い得な、コストパフォーマンスが良いモデルはなんでしょうか?機能とかデザインとかいろいろ好みはあると思いますが、真っ先に思いつくモデルがこれです。


souce:ROLEX

ROLEX Ref.116900 AIRKING です。


エアキングはロレックスの中でも最古のペットネームを持つモデルで、2016年から現行のこのモデルになりました。




エアキングとは


エアキングが登場したのは1950年代。元々はメンズのドレスラインのモデルとして誕生しました。34mmのケースの小ぶりなドレスウォッチです。初代のレファレンスはRef.5500。この5500は1988年まで、30年以上マイナーチェンジ、派生はモデルを増やしながら生産されてきました。


【最大3万円OFFクーポン!1/4(金)0時開始】ROLEX ロレックス エアキング Ref.5500 1969年製 USED【中古】

価格:340,000円




”関連記事”
初心者から玄人まで愛される時計 Ref.5500 エアキング

このエアキング5500にはエクスプローラーボーイズというレアモデルもあります。

”関連記事”
Ref.5500 エクスプローラーダイヤルってなんなの?

5500後はRef.14000→Ref.114200と5桁、6桁と34mmサイズを守りながら順調に進んできました。

<<エアキングを探す>>





現行エアキング

souce:ROLEX

現行エアキング、Ref.116900は先代のエアキングとは違い、40mmというミディアムサイズのケースにサイズアップ。コーポレートカラーのグリーンの秒針、イエローの王冠ロゴ、計器を彷彿とさせる文字盤とセミスポーツモデルとして生まれ変わりました。

しかも、ミルガウスと同じくオーバースペック級の帯磁性を備えて。

まさにパイロットの為の時計です。


ジェットエンジンを搭載した超音速カー、「ブラッドハウンドSSC」のコクピット計器をデザインの基にしています。
img_f6d5f1dc5e6e60a78c8cf28886a4131a170640.jpg




なぜお買い得なのか?


現行の同サイズの価格を比べてみましょう。3針モデルでスムースベゼルのスポーツモデルは、エクスプローラーⅠ、ミルガウス、エアキングです。



2019年1月価格ドットコム調べ(新品)

エクスプローラーⅠ:798000円
ミルガウス:842000円
エアキング:698000円


中古ならこれくらいです。

【ROLEX】【’17年購入】ロレックス『エアキング』116900 ランダム番 メンズ 自動巻き 12ヶ月保証【中古】b05w/h12A

価格:639,630円
(2019/1/1 01:59時点)




まず機能的には帯磁性を備えているため、ミルガウスと同等です。違いは文字盤と針、ブレスレットがサテン仕上げになります。エクスプローラーⅠとの違いはエクワンはブレスレットがダブルクラスプなところとムーブメントのショックレジスタが強靭というところでしょうか?帯磁性はエアキングには及びません。

この辺りを考えても、エクワンより10万円、ミルガウスとは15万円近く価格差があります。

70万円で購入できるスポーツモデルはエアキングくらいでしょう。




実はいいとこどりの時計
このエアキング、実は前述のエクスプローラーⅠとミルガウスのいいとこどりをしているんです。

まず、ミルガウスと同じムーブメントを搭載し、非常に高い帯磁性を誇ります。パソコンだけでなくそれ以上の磁気、例えばレントゲン室や飛行機のコクピットの中を飛び回る磁気もシャットアウトし、専門的なお仕事に就く人でも愛用できます。

それからエクスプローラーⅠのアイデンティティである、ホワイトゴールド製の3,6,9の数字。これがエアキングにもついているんです。

souce:ROLEX

もしかしたら、エアキングがマイナーチェンジすることになったらエクスプローラーⅠと同じく、エアキングの3,6,9にも夜光塗料が乗るかもしれませんね。

”関連記事”
バーゼルワールド 2019のロレックス新作予想!!2019年は何かが起こる?!

<<エアキングを探す>>





いかがでしたでしょうか
現行エアキングは非常にコストパフォーマンスに優れています。

5分ごとの分表示やカラー付きの文字盤がポップな印象で、ビジネスやフォーマルには向いていませんが、カジュアル使いには最高の腕時計だと思います。


また、現行エアキング以前のモデルは未だにロレックスの入門機として非常に人気があります。30万円台と手が届きやすいのも理由でしょう。こちらはビジネスに持って来いですね。カラーバリエーションも豊富なのでいろいろ見てみるといいでしょう。


現行はこのカラーリングしかありませんが、この色使いはロレックスの他のモデルにはありません。人気が他に集まっている今が買い時だと思います。


<<エアキングを探す>>

ロレックスの価格が上がりそうなモデル 5選

ここ最近、毎年ロレックスの腕時計は価格が上がっています。大きく円高になるとか、経済的に大きな出来事が無ければ安くなることはあんまりありません。高くて買えなくなってしまったモデルもあるかと思いますが、あの時買っておけば、と思うのも悲しいですよね。

この記事では価格が今後、上がりそうなロレックスのモデルを挙げてみました。参考になれば幸いです。



グリーン サブマリーナー


"ハルク"の愛称で親しまれるグリーンサブマリーナー Ref.116610LVですが、サブマリーナ自体、エクスプローラーⅠと同様にモデルチェンジの時期に来ています。

グリーンサブマリーナーの始まりは先代機種Ref.16610LVですが、これは元々サブマリーナーの生誕50周年を記念したモデルでした。
いつまでも生誕記念をやっていてもと思うので、個人的にはディスコン(廃盤)になるのではないかと思っています。

ディスコン(廃盤)になればもちろん価格は上昇していくでしょう。

サブマリーナ自体、最近の価格高騰は凄まじいので200万円くらいいくんではないでしょうか?

<<グリーン サブマリーナを探す>>





エクスプローラーⅠ


2010年に発売を開始した現行エクスプローラーⅠ Ref.214270はそろそろモデルチェンジの時期に来ています。先代、先代のRef.14270とRef.14270はともに10年という期間でモデルチェンジになったので来年、再来年あたりではないでしょうか?

問題はどの程度手を加えるかというところ。現行モデルになって39mmと大幅にサイズアップしましたが、これについては賛否両論あります。

小ぶりな36mmの方がエクスプローラーⅠらしいという意見も根強いです。

加えて最近では腕時計のサイズも小型化してきました。オーデマピゲやパネライなども薄型、小型の新作を市場に投入して好評を得ています。
39mmを続けるのか?または37mmなど小型化してくるのか?サイズが変われば39mmのエクスプローラーⅠは10年間しか製造されていないことになるので、評価は上がるでしょう。


文字盤はどうでしょうか?3,6,9の数字表記の書体もRef.214270で約30年続けてきたので、旧型の書体に戻したり、全く新しい表記になる可能性もあるかもしれません。

大きな仕様変更があれば現在のエクスプローラーⅠは価格が高騰するでしょう。


また、ムーブメントの変更のみなど、軽微な変更でモデルチェンジがなされれば、ブラックアウト文字盤の個体のみ評価が上がるかもしれません。

ブラックアウト文字盤のものは生産初期から2016年まで、約5年間生産されました。

資産価値として今後楽しみなのはブラックアウトモデルでしょうか

<< 214270 を購入する>>




GMTマスター2


2007年から生産されているGMTマスター2 Ref.116710LNですが、青黒モデルと同様にそろそろモデルチェンジでしょう。昨年には新型GMTマスター2赤青モデルも出ましたし、そろそろだと思います。

最近では青黒モデルがカタログから消されてディスコン(廃盤)の噂も出ているので、早くて今年のバーゼルワールドで新型が出るんではないでしょうか?

”関連記事”
ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か


バーゼルワールドでの新型モデル予想記事もあります。見てみてください。

”関連記事”
バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

<<GMTマスターII を購入する>>






ミルガウス

黒文字盤


白文字盤

2015年ごろにディスコン(廃盤)したミルガウス Ref116400です。よく見るグリーンサファイヤの風防をしたものではないモデルです。

廃盤後も中古市場での価格は安定していましたが、最近では球数も少なくなってきました

グリーンサファイヤモデルに発売当初から人気が集まっていたこともあり、生産本数はそこまで多くないのではないでしょうか?

とすると、ヴィンテージモデルと同様に数が市場から減っていくほど高値が付いてくるようになると思います。

購入するなら今の内でしょう。

<<ミルガウスを探す>>






旧型サブマリーナ全般


現行のサブマリーナの価格はこの2年で15万円~20万円以上高くなっています。

それにともなって旧型のサブマリーナも値段が上がることに。特にセミヴィンテージといわれる5桁モデルはトリチウム夜光塗料を使用したものなんかは狙い目です。
先見の目のあるロレックス専門店なんかは5桁モデルの在庫を増やしだしています。

数年前は旧型モデルなら50万円ポッキリで買える個体もチラホラありましたが、現在では70万円以下はほとんどありません。

そのうちに100万円で買えるサブマリーナはなくなる時代がくるかもしれません。


サブマリーナがモデルチェンジすればなおさらでしょう。

<<サブマリーナ デイトを探す>>


<<サブマリーナ ノンデイトを探す>>






いかがでしたでしょうか?
ロレックスは購入した時より売却する時の金額の方が高くなることがあります。

時計好きなら次の腕時計のことも考えて賢く購入したいですよね。投資に近い感覚でしょうか。

一本の時計を何十年も使うのも楽しいですが、いろんなモデルに触れるのもいいと思います。

是非参考にしてみて下さい。





”関連記事”
ロレックスで2019年中にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!!

ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

おすすめのクロノグラフの腕時計 高級品からお手頃価格まで

テッドベーカーの時計 メンズモデルがめちゃくちゃオシャレ


ロレックスで2019年中にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!!

ロレックスの時計はディスコン(廃盤)になると価格が急上昇することで知られています。ディスコンになる前が買い時で最後のチャンスと言えます。

毎年ロレックスはバーゼルワールドにて新作を発表していますが、その反面、ディスコン(廃盤)になるモデルもあるわけです。

現在のラインナップは非常に充実していますが、販売開始からすでに10年以上経っているモデルもあります。

この記事では、2019年以降にディスコンになる可能性のあるモデルを紹介していきます。





ミルガウス Ref.116400GV

souce:ROLEX

販売開始:2007年~

販売開始からすでに10年以上が経過したミルガウス。かなりの確率でディスコンになる可能性があります。
すでにグリーンサファイヤ風防の付いていないRef.116400はディスコンになりました。
価格もグングン上昇中です。

ロレックス ミルガウス Ref.116400 ステンレススチール ブラックダイアル 2009年 V番【中古】【メンズ】

価格:678,000円




海外の予想サイトでもディスコンになる噂がここ数年毎年出ています。

ただ、人気モデルなので、後継機種も期待したいところ。このモデルは伝説的な初代ミルガウスのイナズマ針を継承したので、新作では回転ベゼルも付いてくれば嬉しいですね。

下の関連記事では回転ベゼル付きの予想モデルの画像があるので見てみてください。

”関連記事”
バーゼルワールド 2019のロレックス新作予想!!2019年は何かが起こる?!

【中古】ロレックス 3年保証 ミルガウス Ref.116400GV ブラック(グリーンガラス) (ROLEX Milgauss)【楽ギフ_包装】

価格:710,550円








エクスプローラー1 Ref.214270

souce:ROLEX

販売開始:2010年~

エクスプローラー1は先々代のRef.14270から10年周期でモデルチェンジしています。

そうなると、新作は2020年に出るのが通例です。現行エクスプローラーは前モデルより3mm大きくなるという変化がありました。しかし、エクスプローラー1は小ぶりなところがウリでもあったので新作では37mmなど、サイズダウンさせてくると面白いですね。

インデックスに関しても約30年同じなので、オールドエクスプローラーのような丸っこいフォントを使ってくれることを期待しています。

この現行エクスプローラー1は大きなマイナーチェンジがあったことでも有名です。
2015年まではインデックスに塗料の付いていないブラックアウト仕様、2016年からはインデックスに夜光塗料が載り、針も太く長くなりました。

ちょうど半々ほどの製造期間なので、ディスコンが実現すれば、どちらのモデルも価格が高騰しそうですね。

<< 214270 を購入する>>






サブマリーナ (デイト&ノンデイト) Ref.114060&116610LN

souce:ROLEX

販売開始:2010年~

サブマリーナはデイト付きが2010年~、ノンデイトが2012年から製造されています。
現行モデルではデイトとノンデイトの販売時期がズレましたが、本来ではセットのモデルチェンジになるはずです。

ロレックス ROLEX サブマリーナ 114060 【新品】 時計 メンズ

価格:1,060,800円

感想(12件)




モデルチェンジの噂があるためか、去年からの価格の高騰は凄まじいものがあります。
20年前は30万円しなかったサブマリーナが現在では100万円超えです。

町で被ることも多いくらいの人気モデルなので、ディスコンとなれば150万円くらいはいくんじゃないでしょうか?

<<サブマリーナ デイトを探す>>


<<サブマリーナ ノンデイトを探す>>






デイトジャスト 36 Ref.116200

souce:ROLEX

販売開始:2006年~

大人気のスタンダードモデル、デイトジャストはなんと販売開始からすでに12年以上経っています。

この間に文字盤のバリエーションが増えたりと、いろいろとマイナーチェンジもありましたが、昨年デイトジャストⅡが新型ムーブメントを搭載してモデルチェンジし、パワーリザーブが70時間になったりと進化を遂げたのでこの36mmデイトジャストもディスコン、モデルチェンジが濃厚です。

大きな変更はないとは思いますし、価格もスタンダードモデルなのでそんなに高騰することもないとは思いますが、特殊な文字盤などは廃盤になる可能性があるので気になるものがあれば早めに押さえておくといいでしょう。

ロレックス ROLEX デイトジャスト 116200 シルバー/ブルーアラビア文字盤 メンズ 腕時計 【新品】

価格:718,000円




<<デイトジャスト36を購入する>>



GMTマスターⅡ Ref.116710BLNR

souce:ROLEX

販売開始:2013年~

青黒のGMTマスターⅡ”バットマン”はまだ製造から5年ですが、黒モデルのRef.116710LNは2007年から製造されているので10年以上になります。

加えて2018年にペプシの新作GMTマスターⅡが発表されました。

ムーブメントも新型になったので、現行のバットマンもそろそろモデルチェンジ(ディスコン)してもおかしくはないでしょう。

さらにこれに加えてバットマンがカタログ落ちしました。ロレックスからは何のアナウンスもないですが、これをディスコンの前触れととらえている方も多いようです。


【48回払いまで無金利】ロレックス GMTマスターII 116710BLNR メンズ(009VROAU0268)【中古】【腕時計】【送料無料】

価格:1,465,000円




”関連記事”
ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か


<<GMTマスターII を購入する>>


”関連記事”
バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?



終わりに

ロレックスは突然の発表が好きなブランドです。
何のアナウンスもなくHPからモデルが消えたりと、謎めいたことも戦略の一部になっています。

それゆえに謎めいて魅力があるんですが、欲しかったモデルが突然ディスコンして価格が高騰して、手に入れられなくなるのは悲しいです。

ここで紹介したモデルは来年以降もあるかもしれないしないかもしれません。

欲しいモデルがあれば今のうちに!!をおすすめします。


”関連記事”
ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

バーゼルワールド 2019のロレックス新作予想!!2019年は何かが起こる?!

ヴィンテージロレックスは次の世代へ!今なら狙える5桁モデル

ロレックス エクスプローラーⅠの購入ガイド エクワン中古で買うなら絶対見ておこう

オールブラックの腕時計は男らしさ満点!!

バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

年収と腕時計の価格の関係 

「年収に相応な腕時計」というお題で書かれてある記事ってけっこうありますよね。「年収に相応な車」みたいな感じの記事です。これがけっこう面白くて、なるほどな~と思うこともしばしば。


しかし、現在の時計業界は素材的に最も安価な”ステンレススチール”の腕時計が人気で価格が上がっているため、一概に年収だけでは測れない部分が出てきてるのかなと思います。

そこで今回は違う角度から「年収と時計の関係」を記事にしていきたいと思います。






一般的な年収と時計にかける予算

souce:ROLEX

誰が言い出したのかは分かりませんが、腕時計にかける予算は、年収の20パーセントだとか30パーセントだとか言われています。ここでは間を取って25パーセントにしましょう。

例えば、以下のようになります。

年収300万円→75万円

年収400万円→100万円

年収500万円→125万円

年収600万円→150万円

年収700万円→175万円

年収800万円→200万円

年収900万円→225万円

年収1000万円→250万円


ここで思うんですが、年収300万円の人にとって75万円の腕時計を買うのはけっこうキツイということ。
私みたいに10年くらい貯めてたら話は別ですが。

”関連記事”
ロレックス買うまで10年かかった話

逆に年収1000万円の人からしたら250万円の時計って安くないか?と思うんですが。

年収500~600くらいのところはこんなものかなぁ~と納得してしまうんですが。

ようは、ちょっと違うよな~と思うわけです。

<<50万円以下のロレックスを探す>>






時計の値段は上がり続けている

souce:ROLEX

年収の%説がしっくりこないのはこれも理由です。
例えばみんなのあこがれ”ロレックス デイトナ”。15年くらい前は100万円くらいでステンレススチールのモデルが新品で購入出来てました。

しかし、今は?250万円くらいしますよ!!


デイトナ自体は新型にはなりましたが、大きく変わってるわけじゃありません。コンセプトも何もかも。

変わってるのは相場です。

それが15年前まで年収400万円で買えてた時計は今じゃ年収1000万円ないと買えない時計になってます。やっぱりなんかしっくりこないんですよね。

<<デイトナを探す>>


その他の時計についても価格は軒並み上がっているので、同じことが言えます。

ロレックス GMTマスター2なんかは15年前まで30万円くらいしかしませんでしたよ。

今は5倍近く高くなってます。




何を基準に選べばいいのか?

souce:ROLEX

とりあえず気に入ったものがもちろん一番いいとは思います。

しかし、高級時計の購入を考えている人にとって、腕時計はただ単に”時間を確認する”ためだけの道具以上のものになっています。

それから、仕事の取引でも相手の時計だけで考えることはありませんが、多少はやっぱり見ちゃいますよね。

自分の立場や職種、年齢なんかも考えて選べるといいんですが。

となると年収で考えるのもまあ、一つの手かなとは思います。




機能で選ぶ

souce:ROLEX

一つ目、機能で選んでみるのはどうでしょうか?

機械式腕時計の機能にはいろいろとあります。シンプルな3針、日付表示付き、回転ベゼル、帯磁性、クロノグラフ、マニュアルカレンダー、ミニッツリピーターなど、機能が多機能になるほど高額になります。

そして何より、機能が複雑になればなるほど、増えるほど、オーバーホールにかかる金額も高くなってきます。



例えば、

年収300~500万円→3針でシンプル、日付表示付き、ダイバーズ

年収600~800万円→クロノグラフ、マニュアルカレンダー等

年収900万円以上→複雑機構

3針モデルなど、シンプルな腕時計になればそれだけメンテナンスも簡単です。
オーバーホールも安く済みます。機能で選んでみるのも面白いですね。


ロレックスでいえば、最もシンプルなエクスプローラー1やオイスターパーペチュアルなどの3針モデルはオーバーホールの基本料金は4万円程度、クロノグラフ機能の付いたデイトナが6万円程度、最も複雑な機構を有するスカイドゥエラーが11万円程度になります。

ロレックス ROLEX スカイドゥエラー 326934 【新品】 時計 メンズ

価格:2,529,600円




もちろん正規のメーカーにオーバーホールを頼まずに時計修理会社などに出せば多少は節約できますが、それでも多機能モデルになれば高いですし、複雑モデルになればやっぱり正規店でお願いしたいですよね。

そうなると機能と年収で時計を選ぶのもあながち間違いではないと思います。


余談ですが、オメガの人気モデル、スピードマスター

【OMEGA】オメガ スピードマスター 3510.50 クロノグラフ 自動巻き メンズ【中古】【181116】

価格:116,640円




私も大好きな時計なんですが、中古で15万円以下のものもあります。オッと飛びつくと痛い目をみることも。オーバーホール代が時計の金額を超えてしまうなんてこともあるので、機械式はスピマス一本に絞るとかしないとなかなか手持ちには出来ないな~と思ってます。

”関連記事”
時計修理、安くて安心にオーバーホールするならこの2社に決まり!!






素材で選ぶ

souce:ROLEX

それから、素材で選ぶという選択肢も。

最も安価なのはステンレススチール。丈夫です。超高級時計で有名な世界の御三家、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲも入門モデルやスポーツモデルにはステンレススチールを使用しています。

ヴァシュロン コンスタンタン Vacheron Constantin オーバーシーズ スモールモデル 2300V/100A-B170 【新品】 時計 メンズ

価格:1,785,000円




実用時計といわれるロレックスはメインになるモデルの多くはステンレススチール製です。


他に貴金属のモデルでいえば、ゴールド(イエロー、ホワイト、ローズ)、プラチナなどがありますね。



非常に軽量なチタンを使ったものも最近では増えています。異種素材の組合せで有名なウブロ、クストスなんかは最新素材を組み合わせて時計を作っています。

ウブロ HUBLOT クラシック フュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.NX 【新品】 時計 メンズ

価格:647,700円




金属別に特徴を見ていくと、

ステンレススチール:最も頑丈、安価、金属としての価値はない

チタン:軽量、価格はステンレススチールの1.2倍くらい

ゴールド、プラチナ:金属として価値がある、柔らかいため傷が付きやすい、重い!!


特徴からみればやはりある程度収入がないと、貴金属のモデルは持てませんね。
一本豪華主義も嫌いではありませんが、プラチナなどの貴金属の腕時計はそれ一本では難しそうです。

傷が入りやすいので、できれば複数本か日常使いのステンレススチール製の一本が欲しいです。

<<50万円以下のロレックスを探す>>






ブランドで選ぶ

souce:vacheron-constantin

スイスの高級腕時計界でもランク(立ち位置)があります。例えばロレックスなら万人向け、ウブロやフランクミュラー、パネライは新興ブランド、ヴァシュロンコンスタンタン、オーデマ・ピゲはピゲは格式高い、パテック・フィリップは最高峰の時計ブランド、などです。


<<パテック・フィリップの腕時計を探す>>


<<オーデマ・ピゲの腕時計を探す>>


<<ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計を探す>>


やはり、ある程度年齢を重ね、仕事でも役職があったりすれば格式の高い時計を選びたいですね。

パテック・フィリップなんかは著名人の方でもある程度歳を重ねてから手に入れてるようです。

”関連記事”
福山 雅治 様の腕時計

三國連太郎 様の腕時計



最後に
結局どう買うかなんてあなた次第です。気に入ったものが一番。
これいうと元も子もないんですが。

買い方なんですが、現金(一括)で買った方がいいです。


これはもう絶対ですね。それか、ほとんど払っておいて無金利期間だけ少額払うとか?時計にローンしていては生活がきつくなってきます。

あとはオーバーホールにどのくらいかかるかは把握しておいた方がいいです。パッテク・フィリップなんかはオーバーホールだけで10万円くらいかかりますから。

”関連記事”
時計修理、オーバーホールならこの2社に決まり!!

それから、好きな芸能人や著名人と同じモデルを選ぶというのもありですね。

”関連記事”
芸能人、著名人の腕時計

それではみなさまが、最高の一本に出会えることをお祈りいたします。

ロレックス デイトジャストは腕時計の最高峰!!

ロレックスのスタンダードモデル、デイトジャストは腕時計に必要な3大機構を史上初めて搭載した、時計界のスタンダードモデルです。

高級時計の購入を検討する際は必ずと言っていいほど候補に挙がるモデルです。


souce:instagram



デイトジャストとは

souce:instagram

1945年に「オイスターケース」、「パーペチュアル機構」、「デイトジャスト機構」というロレックスが発明した3大機構を搭載し登場しました。

・オイスターケース(防水ケース)
・パーペチュアル機構(自動巻き機構)
・デイトジャスト機構(日付表示)


今では当たり前の機能ばかりですが、1945年の当時は画期的な腕時計でした。

現在でもこの機構はあらゆるメーカーが使用しています。まさに時計界のスタンダードモデルと言っていいでしょう。

発売からすでに70年以上が経っていますが現在も少しずつ進化をとげながら世界中で愛されています。

<<デイトジャスト41を購入する>>




現在のデイトジャストは
1945年の発売当時は36mmサイズ、ステンレスとゴールドのコンビモデルから始まりました。

昔からのザ・ロレックスというイメージの腕時計ですね。古くからのモデルはこちらを持たれている方の方が多いですね。実のところバブル期なんかの昔はスポーツモデルのサブマリーナやエクスプローラーなんかよりも人気があったんですね。


souce:instagram


現在のデイトジャストは70年という時を経て、様々な文字盤カラー、異種金属とのコンビモデル、41mmサイズ、レディースサイズの追加などバリエーションを増やしてきました。


souce:instagram

現在ではスポーツモデル、特にサブマリーナやエクスプローラー、デイトナなんかがロレックスの人気モデルですが、これまでの歴史上ロレックスといえば”デイトジャスト”となんです。

ロレックスの中でもデイトジャストは非常に大切にされているモデルで、毎年のようにバリエーションの追加がされています。

上の画像は41mmモデルのフルーデッドベゼル付きのモデルです。”デイトジャストⅡ”や”デイトジャスト41”とか呼ばれています。

デイトジャストⅡは耐磁性・耐衝撃性に優れる新型ムーブメントを搭載しており、スタンダードモデルながらタフな性能を誇ります。

<<デイトジャスト41を購入する>>

<<デイトジャスト36を購入する>>



まずはベゼル、ブレスレット

souce:instagram

上の画像は同じデイトジャスト2です。

違いが判りますか?


手前は”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けたモデル。

後ろは”スムースベゼル”、”オイスターブレス”を付けたモデル。


”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けた方がゴージャスな雰囲気にはなります。

”スムースベゼル”、”オイスターブレス”の方が嫌みはないですね。

これらを混ぜくることもできます。市場では、”スムースベゼル”、”ジュビリーブレス”のコンビが人気があります。


souce:instagram

どうでしょうか。”スムースベゼル”、”オイスターブレス”のコンビモデルは嫌みはなく、永く使えそうですね。





ゴージャスなモデルも

souce:instagram

このモデルはテニス選手の”ロジャー・フェデラー”がウィンブルドン2016で優勝した際に着用していたデイトジャストです。

ロレックスのカンパニーカラー、グリーンのローマン文字、シルバーの文字盤、イエローゴールドのコンビと非常に華やかな腕時計です。

異種の金属が放つ光は凄みを感じさせられます。年齢や地位によってはこういう腕時計もいいですね。

コンビモデルは成金っぽく嫌らしくありません。こういうモデルにもデイトジャストなら挑戦するのもアリですね。

【新品】ロレックス 126333 オイスターパーペチュアル デイトジャスト41 SS/K18YGコンビ オイスターブレス 自動巻き スレートローマ メンズ

価格:1,230,000円







永く使うなら36mmサイズがおすすめ

souce:instagram

デイトジャストのサイズと言えば36mmです。41mmが登場したのは2009年。

PANERAIを始めとするビッグサイズの腕時計が流行り、ロレックスも大型化を余儀なくされました。2010年にはエクスプローラー1も36mmから39mmへ。ヨットマスターⅡ、シードゥエラー・ディープシーなどの44mmサイズの腕時計も登場してきました。

しかし、現在ではまた腕時計も小型化してきています。パネライのみならず世界三大時計のオーデマ・ピゲなんかもフラッグシップモデルのロイヤルオークを37mmに小型化してきました。

時計界にもトレンド(流行)はあるんです。

その分、36mmのデイトジャストは70年以上生産されてきた普遍的なモデル。

10年後、20年後、30年後と使っていくなら小ぶりで流行り廃りのない36mmのデイトジャストが良いでしょう。

文字盤の色も種類も豊富なので、選ぶのが大変ですが。

【中古】 ロレックス メンズ デイトジャスト36 (Ref:116200) ライトピンク

価格:558,000円



<<デイトジャスト36を購入する>>

”関連記事”
アンティークのデイトジャストにNATOベルトを着けるとスポーツモデルっぽくなる




私が憧れたデイトジャスト

souce:instagram

かく言う私もデイトジャストに憧れた一人。
20代前半にデイトジャスト36のブラックローマン文字盤に憧れました。

尊敬していた方が着けていたのもあるんですが、36mmデイトジャストの丸っこいフォルムと小ぶりなサイズ。小ぶりなのにギラギラとしたローマン文字がすごくカッコよく見えてました。

今でもお金に余裕があるならいつかは手にしたいと思っています。

ロレックス デイトジャスト36 黒文字盤 ランダムシリアル ルーレット 116200 ROLEX 腕時計【安心保証】【中古】

価格:595,200円



”関連記事”
ロレックス買うまで10年かかった話



初めての高級時計にデイトジャストを選ぶなら

souce:instagram

私がお勧めしたいデイトジャストは36mmサイズのRef.116200。

数字がグルリと一周するこの文字盤は最近発売されたモデルです。

初めての、ということで黒文字盤を選びました。若いときも、年齢を重ねてもずっと使えるモデルだと思います。

いかがでしょうか?

<<デイトジャスト36を購入する>>




ヴィンテージモデルも魅力的

souce:instagram

1945年から販売されているロングセールのデイトジャスト。当然、アンティーク、ヴィンテージもあります。

特に4桁モデルの1601(フルーテッドベゼル)、1600(スムースベゼル)はヴィンテージロレックスの名作と言われており、長年愛されています。

搭載されているキャリバーも名作中の名作。Cal.1570です。よくわからないとは思いますが、当時のエクスプローラー1など、多くのモデルに使用されていました。それもあり、このキャリバーは世界中に普及しています。

オーバーホールにもまだ部品があるようで、古いモデルですが、いたるところでオーバーホールを受け付けてくれます。

それから、安いです。


ロレックスのスポーツモデルのヴィンテージはのきなみ値が上がり、100万円超えは当たり前ですが、このデイトジャストはまだそんなに値上がりしていません。

40万円以下で購入できる個体も多くあり、今は非常に狙い目のヴィンテージロレックスになります。

元SMAPの木村拓哉さんも愛用しているくらいです。

【中古】ヴィンテージ デイトジャスト Ref.ROLEX / 1601 SS(ステンレススチール) 自動巻き

価格:385,000円




ロレックス ROLEX デイトジャスト 1601 ブラック文字盤 メンズ 腕時計 【中古】

価格:388,000円







いかがでしたでしょうか?
デイトジャストはモデル的にはド派手な腕時計ではありません。

目立つ時計、主張したい時計を望んでいるならロレックスでなくてもいいでしょう。

ただ、普遍的にある、空気のような存在、家族のような、相棒のような、そんな時計だと思います。

ただ、絶対的に満足するモデルだと思います。一本目に、コレクションに、デイトジャストを加えてみてはどうでしょうか?

<<デイトジャスト41を購入する>>

<<デイトジャスト36を購入する>>

ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

ロレックス GMTマスター2 116710BLNRがディスコン(廃盤)になるという噂が飛び交っています。

souce:ROLEX

GMTマスター2 116710BLNRは2013年に登場し、GMTマスター2の人気上昇に一役買ったモデルで、この2年でも平衡価格が40万円ほど急上昇しているモデルです。

青黒のベゼルが美しく、”青色”を今までロレックスがあまり使ってこなかったことから現在でも大変な人気を博しています。

ROLEX ロレックス 116710BLNR GMTマスターII 青×黒ベゼル ランダム番 メンズ 腕時計

価格:1,378,000円





愛称はバットマン

souce:instagram

青黒のカラーからついた愛称はBATMAN(バットマン)。
元は海外からですが、ロレックスファンは愛称を付けるのがが好きですね。他にも”ハルク”、”ペプシ”、”コーク”などあります。

このバットマンは青黒のカラーながら、意外とどんな服装にも合うんです。ジーンズにも良し、スーツにも良し。

ベゼルの付いたスポーツモデルながらどんなシーンにでも合わせられる万能モデルです。

ROLEX ロレックス 116710BLNR GMTマスターII 青×黒ベゼル ランダム番 メンズ 腕時計

価格:1,378,000円





GMTマスターはそんなに高額なモデルではなかった

souce:instagram

2007年に現行モデルであるRef.116710LNがデビューしました。それまでの航空関連のスポーツモデルという役柄ではなく、世界中を飛び回るユーザーに向けてステイタス性を加味したところ、現行モデルを代表する人気モデルとなり、価格も上昇していきました。

それを機に旧モデルのGMTマスターも注目され始め、価格が上昇していったわけですが、20年前は30万円くらいのどちらかというと不人気モデルでエクスプローラー1より安く購入出来ていました。

ようは5桁モデルのGMTマスターはどれもこの20年ほどで3倍にも値段が上がっているんですね。

そんなGMTマスターを116710BLNR”バットマン”は人気モデルに引き上げていったんです。

ROLEX【ロレックス】116710LN GMTマスター2 ランダム品番 ステンレス ブラック(BK) メンズ 腕時計 自動巻き【中古】かんてい局小牧店 c18-5803

価格:939,800円





2018年にペプシカラーが復活

souce:ROLEX

2018年のバーゼルワールドにて”ペプシカラー”のGMTマスター2が復活しました。しかも、ジュビリーブレスを付けて。
大方の予想をいい意味で裏切ったこのモデル、126710BLROは瞬く間に人気モデルとなり、現在でもデイトナよりも入手困難と言われています。

ムーブメントも最新のキャリバー3285に変わり、文字盤のSWISS MADE表記も新しくなりました。今までの現行モデルと同じ6桁になりますが、まさに新世代のロレックスと言えるでしょう。

最新ムーブメントの登場もバットマンのディスコンを後押ししています。

ロレックス GMTマスター2 デイト ランダムシリアル ルーレット 126710BLRO ROLEX 腕時計【安心保証】【中古】

価格:1,853,900円






GMTマスター2はどうなるのか?
fc2blog_20180213113018980.jpg
souce:RPR

海外のロレックスファンの有名サイトが予想していますが、上の画像が予想モデルです。通称は”ブルーベリー”ロレックス関係者とも繋がりがあるようで、信憑性は高いと言えます。

ちなみにこのRPRというサイト、バットマンの登場も見事に的中させました。

海外では、この紫青のベゼルに新型キャリバー3285を搭載し、ジュビリーブレスを付けてくるのではないかと予想されている方が多いようです。


バットマンがディスコンになると
もちろんですが、価格は爆上げになります。
今でこの人気ぶりです。中古品でも200万円はいくだろうと予想できます。

2017年にシードゥエラーの新型が出た際には旧型は2倍近くまで一時、価格が上昇しました。

ディスコンになるなら買うのは今しかありませんね。

ロレックス ROLEX GMTマスターII 116710BLNR 【新品】 時計 メンズ

価格:1,509,600円

感想(13件)





終わりに

ここ数年のロレックスの価格上昇は信じられないペースです。

しかし、ロレックスの価格は今までの歴史上、上がっても下がることはあまりありませんでした。

加えて近年は生産本数をだいぶおさえているとか。日本国内の時計店の取り扱いもだいぶ減ったことですし、流通は間違いなく減っているんだと思います。

中古になっても価格がほとんど下がらないロレックス。それでも価格は上がっても維持費は上がるわけではありません。

思い切って購入するにはいいタイミングだと思いますよ。


”関連記事”
バーゼルワールド 2019のロレックス新作予想!!2019年は何かが起こる?!

”関連記事”
バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

ヨットマスター・ダークロジウムは評判がいい!でも傷が付きやすい?

ロレックス ヨットマスター・ダークロジウムの評判が急上昇中です。

ロレックス ヨットマスター・ダークロジウムは2016年にバーゼルワールドにて登場しました。
水色のペットネーム、秒針等、今までのロレックスになかったカラーリングが話題となり、じわじわ人気が上がっていましたが最近では正規店に在庫がほとんどない状況です。


SOUCE:RPR




ヨットマスターとは

SOUCE:ROLEX

サブマリーナやシードゥエラーのように回転ベゼルを持ちながら、本格的なダイバーズウォッチではありません。

元々はクルーザーやヨッティング等、リゾートを楽しむ高所得層をターゲットに1992年に初めて作られました。

船の上での使用を目的に作られているので、防水性能は100mまでしかありません。さらに、ベゼルは超高級素材のプラチナが使われており、ステンレスなどに比べると傷が付きやすくなっています。

【48回払いまで無金利】ロレックス ヨットマスター ロレジウム 116622 ダークロジウム ランダムシリアル メンズ(006XROAU1082)【中古】【腕時計】【送料無料】

価格:1,311,000円







傷が付きやすいのは本当か?

SOUCE:instagram

残念ながら、これは本当のようです。

傷が付きやすい理由として、ベゼルがプラチナ製ということ、ケース、ブレスレットのセンター部分が鏡面仕上げというところでしょう。

サブマリーナ、シードゥエラーは本格的なダイバーズウォッチで、海中など過酷な条件下で使用することを想定して作られています。鏡面仕上げの部分はほとんどなく、ブレスレットもサテン仕上げになっており、傷が入りにくくなっているんです。

細かい傷でいえば鏡面仕上げの部分なんかはシャツの裾に擦れただけでも軽く傷は入ります。


ただ、ベゼルはエンボス加工が施されているのでいうほど目立つことはないようです。
ベゼルの傷は日本ロレックスで18000円ほどでブラストをかけてもらうとピカピカになりますよ。



それでも魅力は尽きない

SOUCE:instagram

ヨットマスター・ダークロジウムの定価は1,188,000円(税込)ですが、現在は中古でも120万円を切ることはありません。
新品になれば140万円ほどとさらに上がります。

この価格上昇の原因としては、ロレックスの他モデルの価格上昇があります。特にサブマリーナなどの他のダイバーズウォッチの価格上昇がものすごく、このヨットマスターに流れている感はあります。




中古 ロレックス ヨットマスター116622 SS ランダム ダークロジウム文字盤 メンズ 時計 ROLEX 銀蔵

価格:1,238,000円








ペアウォッチとしても

SOUCE:RPR

1992年の始まりはラグジュアリーな高級ラインとしてのスタートだったため、ペアでの着用を想定しており、メンズ・ボーイズ・レディースの3サイズを揃えていました。

それからレディースモデルがなくなり、現在では40mmのメンズモデル、37mmのボーイズサイズの2サイズ展開になっています。

最近ではボーイズサイズの37mmを男性が使用することもあるようです。37mmサイズの小ぶりなダイバーズウォッチってなかなかないんですよね。特にロレックスでは唯一のサイズになっています。

【スーパーSALE商品多数出品中】【12月11日1:59まで 】285424【中古】【ROLEX】【ロレックス】ヨットマスター ダークロジウム 268622 ランダム品番

価格:999,000円





いかがでしたでしょうか
ヨットマスターには他にもブルー文字盤、シルバー文字盤があります。どのモデルもラグジュアリー感にあふれたモデルになります。

また、派生モデルのヨットマスター2は本格的なヨットレースに対応したスポーツモデルになります。レガッタ・クロノグラフ機構を備えた複雑ムーブメントが搭載されており、サイズは44mmといわゆるデカ厚時計の部類に入ります。腕に着けた時の存在感は大きいです。

また、高級ラインらしく、ホワイトゴールド、イエローゴールドの無垢モデルやピンクゴールドとのコンビモデルもあります。


ロレックス ROLEX ヨットマスターII 116680 【新品】 時計 メンズ

価格:1,887,000円

感想(1件)




ロレックス ROLEX ヨットマスター ロレジウム 16622【中古】 メンズ 腕時計 送料・代引手数料無料

価格:750,000円




【送料無料】ROLEX ロレックス ヨットマスター ブルー PT×SS 116622 自動巻き メンズ 【437】【中古】【大黒屋】

価格:1,056,240円





プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
ロレックス 最安値検索
時計のコンテンツ
カウンター
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
93位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR