FC2ブログ

お気に入りのリュックサック(バックパック)を見つけよう

バッグは日常生活でなくてはならないものですよね。
通勤や通学、フェスやレジャーなど外に出るときはたいていバッグを使います。
トートバック、ショルダーバッグ、ビジネスバッグなどいろんな種類がありますが、どんなときでも活躍できるのはリュックサック、バックパックではないでしょうか。

もともと、軍隊や冒険家に使われていた事もあり、耐久性や収納力はバツグン。

一つは必ず持っていたいですよね。
そのバッグがお気に入りなら毎日が楽しくなるはずです。

そこでここではあなたのお気に入りになれるリュックサックを紹介していきたいと思います。


MAKAVELIC


ストリートカルチャーやスポーツにインスパイアを受けた人気シリー ズ「TRUCKS」のバックパック。フロントに設けられたボックス型のブランドロゴが目を引くポイントになっています。落ち着きがあり使いやすいカラーリングで様々なスタイリングにマッチする仕上がりになっています。

MAKAVELIC自体はそんなにまだ有名ではありませんが、東京初の新しいブランドで、山田孝之さんやONE OK LOCKのTAKAさんが使っていて、これから流行りそうな気配があります。

このバックパックはB4サイズに対応する大きめなサイズなので荷物の多い日にも安心です。クッション性のあるポケットが装備されPCやタブレットも安心して持ち運ぶことができます。職場にバックパックも増えてますが、まさにピッタリだと思います。


PORTAR


ポーターと言えばこれと言えるほど有名なUNIONシリーズ。20年以上販売され続けてきた実績からも機能性は抜群です。
工具入れをイメージしたデザインに緑のタグが映える。丁寧な縫製で仕上がっており、ハードな使用にも耐えられる設計です。

値段も手ごろですが、長い時間の使える耐久性にも注目です。


PATAGONIA


最も有名なアウトドアブランド パタゴニア。名作揃いのダウンジャケットのみならず、バックパックにも定評があります。
最近ではセレクトショップでの取り扱いも増えてきました。

バックパックにも多数種類がありますが、やはり代名詞のタグが入ったものを選びたいもの。

こちらのToromiro Pack (トロミロパック)はカラーも豊富で必ずお気に入りが見つかるはず。
ご自分のスタイルに合わせて選びたいですね。

BURTON


スノーボードで有名なバートン。五輪金メダリストのショーン・ホワイトや日本の平野歩夢選手も使用する。スノーボード界のトップブランドです。
ボードがメインですが、バックパック作りも長く続けています。


おすすめはこちらのカラーリング。山を彷彿とさせる色使いが印象的。

これなら冬場以外も雪山を忘れずに済みそうですね。よけい恋しくなりそうですが(笑)

Bianchi




1885年創業のイタリア名門自転車メーカー【Bianchi/ビアンキ】。 自転車界では圧倒的なステイタスを誇ります。
異なるバイカラー配色がお洒落なこちらのリュックサックは内布には【ビアンキ】のイメージカラーである"チェレステカラー"を使用しており、拘りたっぷりのデザインになっています。
百貨店でもビアンキのバックの取り扱いが増えてきました。

karrimor


イギリス発のアウトドアブランド、カリマー。
アウトドアでのバックパックシェアはかなりの数を占めていると思われます。

karrimorの語源は「carry more=もっと運べる」。

まさにバッグを作るために産まれたアウトドアブランドなんです。1957年からリュックサックの製作を開始し、今日まで60年以上世界中のアルピニストに選ばれています。

その耐久性と機能性はゆるぎないものとして地位を確立しています。

バッグのサイズや種類も豊富で選択肢が多いのも良いですね。


いかがでしたでしょうか。毎日使うものだからこそ、良いものを。そして耐久性と機能性を兼ね備えたものを選んで欲しいと思います。

お気に入りのバックパック、リュックサックを手に入れて毎日の楽しみを少しだけ増やしてみませんか。





詳細・購入はコチラ

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR