Ref.5500 エクスプローラーダイヤルってなんなの?

Ref.5500といえば1950年代後半~1988年に製造されたエアキングのリファレンス。


しかし、1950年代後半~1970年にかけてこのエアキングをベースに作られた「エクスプローラーボーイズ」というモデルが存在します。
イギリス市場など特定の地域や国へのオーダー品であったといわれ、イギリスをメインに駐留していた極東や中東のN.A.A.F.I(陸海空軍厚生機関)などで扱われていたとされています。


souce:instagram

これがエクスプローラーボーイズ。



これが普通のエアキングの方。
違いは文字盤のみです。

そしていくつかバリエーションがあります。

souce:instagram

これもその一つ。

同時期に販売されていた本家のエクスプローラーⅠ Ref.1016との違いは、まずはサイズ。

1016が36mmサイズなのに対して5500が34mmサイズ。

少し小ぶりななサイズなんですね。

そしてムーブメントですが、1016はCal.1560、1570なのに対し、5500はCal.1530、1520が搭載されています。

ノンクロノメーター仕様となるので、文字盤には正確を意味する「SUPER PRECISION」または「PRECISION」表記が文字盤の下半分に入ります。

さらに小ぶりなエクスプローラー。日本人には合うサイズですよね。

気になる値段ですが、本物は150万円~200万円はします。

球数が少なかったためか非常に希少性が高いんですね。


値段を見て残念に思うかもしれませんが、実はこのモデル、沢山のリダンモデルが世に出ているんです。


ロレックス ROLEX エアキング エクスプローラータイプ 5500 【アンティーク】 時計 メンズ

価格:385,500円




商品画像を見てみるとわかりますが、有名どころで扱っているものはたとえリダンダイヤルでも非常に上手く作られています。

スタイルを重視する人なら本物の5分の1で購入できるのでお勧めです。

私も本気で迷ったことあります。


さて、この2年で平均50パーセント近くもROLEXの腕時計は価格上昇しています。

いよいよ雲上時計の領域に入ってくるのでしょうか。

それこそヴィンテージロレックスなんて高級車を買うのと同じ値段になるのもそう遠くはないのかもしれません。
関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

時計のコンテンツ
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
108位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
7位
サブジャンルランキングを見る>>
QRコード
QR