FC2ブログ

時計博物館 VOGA Watch Museum に行きました。

今年の7月に島根県に出張に行った時の話です。

アンティークロレックスを絶対に買うぞと決心した出来事なんですが。。

下道で職場から5時間ほど車を飛ばしているとワシのマークのお店が海岸沿いにありました。
「VOGA WatchMuseum」です。

logo.jpg引用 voga-museum.com



車を留めて[VOGA 時計]でyahoo検索してもなかなか出てこなかったんですが、HPを見つけてのぞいてみると

当館では希少品と呼ばれる数々の名品を多数展示し、写真では決して感じられない質感、色合い、大きさなどを見て頂けます。

展示品の年代は1930年代~1990年代が主で、スイスウオッチ、アメリカンウオッチ、ミリタリーウオッチ、キャラクターウオッチのジャンルに分け、腕時計を中心に総本数500本以上を常時展示してあります。

時代の変化と共に、置時計から懐中時計、懐中時計から腕時計へと進化し、非防水から防水、手巻から自動巻き、曜日付、ストップ機能が付いたクロノグラフ、月の満ち欠け機能が付いたムーンフェース、アラーム機能付きなど変化してきた歴史も見て頂けます。

昔の良き時代、時計職人達が精魂込めて作り上げた時計達、新品では決して感じられない、アンティークならではの味を堪能して頂ければ幸いです。

時計達を堪能後、カフェを併設しておりますので、是非お立ち寄りください。 入場料:大人1000円
引用 voga-museum.com



これはおもしろそう!!
ということで立ち寄ることにしました。

中に入ると左にカフェが併設してあって時計に興味のなさそうな女子の方々がお茶をされていました。

入場料を支払って時計博物館の方に入るとそれはもう、夢のような空間が。。
元々エクスプローラーを買う前に調べごとの好きな私は、パテック、ブライトリング、オメガ等も歴史から何から色々と調べていたのですが、予習しておいて本当に良かったと思いました。

本やインターネットの中の世界がここには現実にありました。
ロレックスのラインナップだけでも、一般のサラリーマンの生涯年収を軽く超えるくらいの価値があるアンティーク時計がずらりと並んでます。

いきなりラスボス級の時計ですが、
Ref.6239 ポールニューマン・デイトナです。


出典 voga-museum.com


しかもここにあるのはあのTIFFANY & COとのWネームモデルです。

この時計、いくらするんでしょうか?普通のポールニューマンでも1500万~2500万するのに。。
市外に一軒家建ちそうですね。ベルトは真新しいものになっていましたがさすがの存在感でした。


でも私はやっぱりこれです。
Ref.1016 エクスプローラーⅠ


出典 voga-museum.com


丸みがあって可愛いですね。
久々に見てやっぱりいいなと思ってしまいました。


右隣にあった1世代前のRef.6610 エクスプローラーⅠと私のRef..214270とパシャリ。
この間にはRef.14270とRef.114270があるんですが、同じモデルでも40年違うとこうも雰囲気が違うんですね。
Ref..214270がすごくムキムキのサイボーグに見えます。


出典 voga-museum.com


ここからが付いてしまったわけであります。

他にもジェームズボンドモデルのRef.6538 サブマリーナ等時計博物館の名にふさわしい素晴らしい時計がいくつも展示してありますので是非お近くに行かれた際は立ち寄ることをお勧めします。


【30,000円OFFクーポン】【34時間限定 7月2日9:59まで】256933【中古】【ROLEX】【ロレックス】エクスプローラー 1016 17番台

価格:1,480,000円
(2018/7/29 23:46時点)




【アンティーク】 ロレックス メンズ エクスプローラーI (Ref:1016) ブラック

価格:1,958,000円
(2018/7/29 23:47時点)




ロレックス・アンティークデイトナ 6263

価格:22,680,000円
(2018/7/29 23:47時点)


スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR