FXのよくある失敗例 これにはまると奈落へ真っ逆さま

FX初心者もそうでない人も、失敗のパターンは決まっていると言えるでしょう。



代表的な失敗例を列挙していくのでいつものご自分のトレードを振り返りながら、日ごろのトレードに活かして欲しいと思います。

ただ、人によって資金の差やトレードスタイルの違いもありますし、ここにある失敗例においてもご自分のルールに乗った損切り等であればスルーしていただいてかまいません。




”損切りできない”

トレードスタイルによって損切りの幅は変わってきますよね。デイトレードなら幅は狭めますし、中期的なスイングトレードなら広め、スワップポイント狙いの新興国通貨ならロスカットしないようにそれなりの大きな幅をもたせるでしょう。

しかし、ご自分でポジションを取る際に決めた損切りポイントは守るべきです。

私もFXを始めたばかりのころはレバレッジも高めでよくロスカットロスカットされていました。

40PIPS負けたら損切りする。と決めたらそれは守りましょう。

"いつかは戻る"と考えると負けを大きくして、結局儲けのほとんどを失ってしまうことはよくあることです。

よくいうコツコツ稼いでドカンと負けるってやつです。初心者によくある失敗例ですね。

逆で行きましょうコツコツ損切りしてドカンと勝つ。


プロフェッショナル・トリガーFX - プロトリFX -




”負けだすと追いかけてしまう”

特に経済指標の発表時にやりがちなんですが、例えば米雇用統計等大きな経済指標発表時にポジションを取り、反対に行ったから損切りして逆にポジションを取り、またまた逆に動いて損失を大きく出すという失敗例です。

これ、初心者の方に特に多いと思います。

負けているときに焦ってトレードをするとロクなことがありません。
これは私の失敗談でもあります。

ファンダメンタル分析をおこなってトレードする際にはあらかじめよく調べて置き、イベントが起こる前からポジションを取ることが攻略のカギです。

初心者の間は経済指標発表時にトレードを行うのはおススメしません。

イベントごとがないときにテクニカル分析でトレードをおこなう方が負けを少なくできるでしょう。

または、発表後におおきな流れができてからポジションを取るようにしましょう。




”とにかくナンピンしてしまう”

ナンピンとは例えば、米ドル/日本円で買い建てた後に下落した場合、下値で買い増しすることで、1ポジションあたりの買い値(平均価格)を下げる手法です。

確かに、また値が上がってくれば大きく勝つことができるでしょう。しかし、これがFXの怖いところです。

下のチャートを見てください。



これは高金利通貨で大人気のトルコリラ/日本円の週足チャートです。

トルコリラは新興国通貨の部類に入り、日本人にも非常に人気の通貨です。

スワップポイントが非常に高く、どこのブローカーでも1万通貨で1日約85円という高さです。
1万通貨買いでポジションを取ると1か月に2550円入る計算です。

一年で約30600円です。

ポジションを取っているだけでこれだけ入るんですから魅力的ですよね?

チャートを見てください。2017年の初めに史上初の30円を割りました。この時はどのFX会社もトルコリラ祭りでこれでFXを始めた人も多かったと思います。

しかし、結果は2018年に15円台まで下落しました。

ナンピンをしていたトレーダーは20円を割ったころからパニック売りをし、一気に奈落の底へ。

過去にはもっとひどかった通貨もあります。

このように、いつ値が戻ってくるかはFXではわかりません。明日か、来週か、来月か、来年か、もしかしたら10年後かもしれません。

資金があればポジションを持っておくこともできますが、そうするともうすぐくるチャンスを逃してしまうかもしれません。

この時間を失う方が、損切りよりも大きな損失だと自覚しましょう。




”テクニカル分析に頼りすぎてしまう”

テクニカル分析はもちろん大事です。トレードをする根拠にもなります。しかし、信じすぎるのもダメです。

例えば、テクニカル分析でも最も強いと言われるヘッドアンドショルダーや日足、週足でのトレンドフォロー。

なかなか長い足での形成は少なく、形が出来てくればチャンスだ。と思ってしまいがちですが、必ずそうなるとは限りません。

もちろんトレードをするのはOKですが、形が崩れれば即損切りできる心の強さを持ちたいですね。




”FXでは失敗例は決まっている”

だいたいこれらのパターンが多いと思います。

確かにナンピンしても損切りしなくても資金さえあれば時間が解決してくれることもあります。
しかし、ナンピンしている時間、ポジションを塩漬けしている時間は大きな損失です。チャンスを逃すというのはそれだけ大きいんです。

損切りはしっかりとしましょう。自分のルールは必ず守りましょう。これが鉄則です。

今回紹介した失敗例と自分の失敗例をしっかり見比べてみて、トレードの振り返りをしましょう。

プロフェッショナル・トリガーFX - プロトリFX -



とりあえず口座を作っておきたいFXブローカー

人気No.1海外FXブローカー”XM”
XM 口座開設


FX口座数『国内第1位』DMM.com



関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

時計のコンテンツ
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
236位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
9位
サブジャンルランキングを見る>>
QRコード
QR