ロレックス デイトジャストは腕時計の最高峰!!

ロレックスのスタンダードモデル、デイトジャストは腕時計に必要な3大機構を史上初めて搭載した、時計界のスタンダードモデルです。

高級時計の購入を検討する際は必ずと言っていいほど候補に挙がるモデルです。


souce:instagram



デイトジャストとは

souce:instagram

1945年に「オイスターケース」、「パーペチュアル機構」、「デイトジャスト機構」というロレックスが発明した3大機構を搭載し登場しました。

・オイスターケース(防水ケース)
・パーペチュアル機構(自動巻き機構)
・デイトジャスト機構(日付表示)


今では当たり前の機能ばかりですが、1945年の当時は画期的な腕時計でした。

現在でもこの機構はあらゆるメーカーが使用しています。まさに時計界のスタンダードモデルと言っていいでしょう。

発売からすでに70年以上が経っていますが現在も少しずつ進化をとげながら世界中で愛されています。

<<デイトジャスト41を購入する>>




現在のデイトジャストは
1945年の発売当時は36mmサイズ、ステンレスとゴールドのコンビモデルから始まりました。

昔からのザ・ロレックスというイメージの腕時計ですね。古くからのモデルはこちらを持たれている方の方が多いですね。実のところバブル期なんかの昔はスポーツモデルのサブマリーナやエクスプローラーなんかよりも人気があったんですね。


souce:instagram


現在のデイトジャストは70年という時を経て、様々な文字盤カラー、異種金属とのコンビモデル、41mmサイズ、レディースサイズの追加などバリエーションを増やしてきました。


souce:instagram

現在ではスポーツモデル、特にサブマリーナやエクスプローラー、デイトナなんかがロレックスの人気モデルですが、これまでの歴史上ロレックスといえば”デイトジャスト”となんです。

ロレックスの中でもデイトジャストは非常に大切にされているモデルで、毎年のようにバリエーションの追加がされています。

上の画像は41mmモデルのフルーデッドベゼル付きのモデルです。”デイトジャストⅡ”や”デイトジャスト41”とか呼ばれています。

デイトジャストⅡは耐磁性・耐衝撃性に優れる新型ムーブメントを搭載しており、スタンダードモデルながらタフな性能を誇ります。

<<デイトジャスト41を購入する>>

<<デイトジャスト36を購入する>>



まずはベゼル、ブレスレット

souce:instagram

上の画像は同じデイトジャスト2です。

違いが判りますか?


手前は”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けたモデル。

後ろは”スムースベゼル”、”オイスターブレス”を付けたモデル。


”フルーテッドベゼル”、”ジュビリーブレス”を付けた方がゴージャスな雰囲気にはなります。

”スムースベゼル”、”オイスターブレス”の方が嫌みはないですね。

これらを混ぜくることもできます。市場では、”スムースベゼル”、”ジュビリーブレス”のコンビが人気があります。


souce:instagram

どうでしょうか。”スムースベゼル”、”オイスターブレス”のコンビモデルは嫌みはなく、永く使えそうですね。





ゴージャスなモデルも

souce:instagram

このモデルはテニス選手の”ロジャー・フェデラー”がウィンブルドン2016で優勝した際に着用していたデイトジャストです。

ロレックスのカンパニーカラー、グリーンのローマン文字、シルバーの文字盤、イエローゴールドのコンビと非常に華やかな腕時計です。

異種の金属が放つ光は凄みを感じさせられます。年齢や地位によってはこういう腕時計もいいですね。

コンビモデルは成金っぽく嫌らしくありません。こういうモデルにもデイトジャストなら挑戦するのもアリですね。

【新品】ロレックス 126333 オイスターパーペチュアル デイトジャスト41 SS/K18YGコンビ オイスターブレス 自動巻き スレートローマ メンズ

価格:1,230,000円







永く使うなら36mmサイズがおすすめ

souce:instagram

デイトジャストのサイズと言えば36mmです。41mmが登場したのは2009年。

PANERAIを始めとするビッグサイズの腕時計が流行り、ロレックスも大型化を余儀なくされました。2010年にはエクスプローラー1も36mmから39mmへ。ヨットマスターⅡ、シードゥエラー・ディープシーなどの44mmサイズの腕時計も登場してきました。

しかし、現在ではまた腕時計も小型化してきています。パネライのみならず世界三大時計のオーデマ・ピゲなんかもフラッグシップモデルのロイヤルオークを37mmに小型化してきました。

時計界にもトレンド(流行)はあるんです。

その分、36mmのデイトジャストは70年以上生産されてきた普遍的なモデル。

10年後、20年後、30年後と使っていくなら小ぶりで流行り廃りのない36mmのデイトジャストが良いでしょう。

文字盤の色も種類も豊富なので、選ぶのが大変ですが。

【中古】 ロレックス メンズ デイトジャスト36 (Ref:116200) ライトピンク

価格:558,000円



<<デイトジャスト36を購入する>>

”関連記事”
アンティークのデイトジャストにNATOベルトを着けるとスポーツモデルっぽくなる




私が憧れたデイトジャスト

souce:instagram

かく言う私もデイトジャストに憧れた一人。
20代前半にデイトジャスト36のブラックローマン文字盤に憧れました。

尊敬していた方が着けていたのもあるんですが、36mmデイトジャストの丸っこいフォルムと小ぶりなサイズ。小ぶりなのにギラギラとしたローマン文字がすごくカッコよく見えてました。

今でもお金に余裕があるならいつかは手にしたいと思っています。

ロレックス デイトジャスト36 黒文字盤 ランダムシリアル ルーレット 116200 ROLEX 腕時計【安心保証】【中古】

価格:595,200円



”関連記事”
ロレックス買うまで10年かかった話



初めての高級時計にデイトジャストを選ぶなら

souce:instagram

私がお勧めしたいデイトジャストは36mmサイズのRef.116200。

数字がグルリと一周するこの文字盤は最近発売されたモデルです。

初めての、ということで黒文字盤を選びました。若いときも、年齢を重ねてもずっと使えるモデルだと思います。

いかがでしょうか?

<<デイトジャスト36を購入する>>




ヴィンテージモデルも魅力的

souce:instagram

1945年から販売されているロングセールのデイトジャスト。当然、アンティーク、ヴィンテージもあります。

特に4桁モデルの1601(フルーテッドベゼル)、1600(スムースベゼル)はヴィンテージロレックスの名作と言われており、長年愛されています。

搭載されているキャリバーも名作中の名作。Cal.1570です。よくわからないとは思いますが、当時のエクスプローラー1など、多くのモデルに使用されていました。それもあり、このキャリバーは世界中に普及しています。

オーバーホールにもまだ部品があるようで、古いモデルですが、いたるところでオーバーホールを受け付けてくれます。

それから、安いです。


ロレックスのスポーツモデルのヴィンテージはのきなみ値が上がり、100万円超えは当たり前ですが、このデイトジャストはまだそんなに値上がりしていません。

40万円以下で購入できる個体も多くあり、今は非常に狙い目のヴィンテージロレックスになります。

元SMAPの木村拓哉さんも愛用しているくらいです。

【中古】ヴィンテージ デイトジャスト Ref.ROLEX / 1601 SS(ステンレススチール) 自動巻き

価格:385,000円




ロレックス ROLEX デイトジャスト 1601 ブラック文字盤 メンズ 腕時計 【中古】

価格:388,000円







いかがでしたでしょうか?
デイトジャストはモデル的にはド派手な腕時計ではありません。

目立つ時計、主張したい時計を望んでいるならロレックスでなくてもいいでしょう。

ただ、普遍的にある、空気のような存在、家族のような、相棒のような、そんな時計だと思います。

ただ、絶対的に満足するモデルだと思います。一本目に、コレクションに、デイトジャストを加えてみてはどうでしょうか?

<<デイトジャスト41を購入する>>

<<デイトジャスト36を購入する>>
関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
ロレックス 最安値検索
時計のコンテンツ
カウンター
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
93位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR