エクスプローラーⅠ 14270 ブラックアウトをどこよりも詳しく説明!!

ロレックス エクスプローラー1 Ref.14270にはブラックアウトモデルといわれるレア文字盤が存在します。


この記事を読んでいる方ならだいたいはわかってると思いますが、本当に詳しく書いてある記事が他にないので詳しく書いてみたいと思います。


souce:bob‘s watches



ブラックアウトといわれるポイントは?
まず、ブラックアウト文字盤と言われるところですが、普通のエクスプローラー1の文字盤との違いは3,6,9の数字にあります。普通はこの数字が白でラインが入るんですが、ブラックアウト文字盤ではこれが違います。


<左が通常、右がブラックアウト>

souce:rasin.com

2タイプの存在が確認されています。

3,6,9の数字に”黒いラインを塗った”タイプ
3,6,9の文字が”何も塗られていない剥き出し”タイプ

この2タイプです。


3,6,9の文字に”黒いラインを塗った”タイプ


黒いですね~。視認性は悪くなるのになんで黒に塗ったんでしょうか?


3,6,9の文字が”何も塗られていない剥き出し”タイプ


ちなみにこの画像はRef.214270のブラックアウトです。

ちなみにこの剥き出しタイプは後継品であるロレックス エクスプローラー1 Ref.114270のV品番にも存在します。


<< 14270 を購入する>>






文字盤の表記は2種類
非常に微妙な違いなんですが、文字盤の表記にも種類があります。


souce:watchmonster

違いが判りますか?


上が”シルバーレター”といわれて文字が銀色です。

下が”ホワイトレター”で文字色が白なんです。

なかなか微妙な違いなんですが、これも立派な違いなんです。
”黒いラインを塗った”タイプのブラックアウトはシルバーレターのものが多いです。

なのでもちろんホワイトレターの方が高値で取引されています。



ブラックアウトは3種類
まとめるとブラックアウトは3種類ほどあるわけですね。

① 3,6,9の文字に”黒いラインを塗った”シルバーレター

② 3,6,9の文字に”黒いラインを塗った”ホワイトレター

③ 3,6,9の文字が”何も塗られていない剥き出し”ホワイトレター


この3種類です。


souce:大黒屋




”何も塗られていない剥き出し”の文字盤


3,6,9の文字に”黒いラインを塗った”シルバーレターのタイプが市場には一番多く出回っています。
それでも数は少ないですが。

特に数が少ないのは意外ですが、”何も塗られていない剥き出し”の文字盤です。

が、見つけました。



souce:ハンドラー


souce:ハンドラー

岐阜県にあるヴィンテージウォッチ専門店、ハンドラーさんで出品されています。

価格は160万円ほど。パッと見た目は現行エクスプローラー1のRef.214270のブラックアウト文字盤そっくりです。

【ROLEX/ロレックス】EXPLORER 1/エクスプローラー 1 ブラックアウト214270

価格:625,000円




<< 214270 を購入する>>



ここ数年でもほとんで見かけなかったので、気になる方はお急ぎに。



オーバーホールは注意が必要
エクスプローラー1 ブラックアウトのせいぞうは少なくとも25年以上は前になります。
これくらいになると、正規のロレックスでのオーバーホールになると、文字盤と針を交換しないとオーバーホールしてもらえない可能性があります。

文字盤を交換してもらうとどうなるか?

なんと普通の白数字の文字盤に交換されてしまうんです。

もう普通のエクスプローラー1です。価値は3分の1まで下がります。

ブラックアウトをオーバーホールする際は民間の時計修理屋にやってもらいましょう。

オーバーホール料金も安く済みます。


”関連記事”
時計修理、オーバーホールならこの2社に決まり!!







製造はいつ頃?
このRef.14270のブラックアウトは製造番号でいうと、E番X番にごく少数存在するようです。

つまり、1990年~1991年の約2年間ですね。

ディテールの小さな違いだけで価格が高騰するロレックスなのに、見た目で大きく変わって製造本数も少ないとなれば値段が高いのもうなずけます。



気になるお値段は?
ここ最近では楽天市場でさえもあまり出品を見なくなりました。

2016年には100万円を切るくらいで普通に出品されていたんですが、元々本数が少ないのとこの2年ほどでロレックスが高騰したのをきっかけにいっきに市場から姿を消した感があります。

最近では140万円~170万円くらいが相場でしょうか?

ただ、オークションなどではいわゆるリダンの文字盤なんかで出品されることもあるので注意が必要です。

特に”剥き出しタイプ”のものは文字を削れば簡単に作れるので信用できるお店で買いたいですね。

Ref.14270もそろそろ年代的にヴィンテージロレックスに入ってくるので普通の14270も高騰してくるかわかりません。

”関連記事”
ヴィンテージロレックスは次の世代へ!今なら狙える5桁モデル



いかがでしたでしょうか?
レアロレックスの代表格ともいえるエクスプローラー1 ブラックアウト。

ちょっとした違いで、ぱっと見わからないんですけど、こういうところ男は好きですよね。

ディテールの違いで所有欲が満たせちゃうのが男心というやつです。

なかなか見つけるのは難しくなってきてはいますが、将来的な価値も楽しみな一本ぜひ気長に探してみましょう。


<< 14270 を購入する>>



関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
ロレックス 最安値検索
時計のコンテンツ
カウンター
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
93位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR