40万円以下で購入できるロレックス 賢く一生ものを

ロレックスの価格は近年上がり続けています。要因は、円高や生産本数を絞っている関係で需要に供給が追い付いていないんです。それでも1本はロレックスが欲しい!!という方のためにこの記事では40万円以下で購入できるロレックスの腕時計を紹介していきます。




ロレックスって高いんでしょ?
ハイ、その通りです。高いですよ。新品では50万円を切るモデルはメンズラインにはありません。

しかもロレックスは中古になってもほとんど値が落ちません。それだけ需要があるということです。

それに頑丈さ。G-SHOCKのそれなんかとは違います。キチンとメンテナンスしていけば100年以上は持つと言われています。

実際に50年とか60年以上前のロレックスの腕時計がネットなんかで簡単に買えます。これってすごいことだと思いませんか?


ロレックスの腕時計を買うということは新品だろうが中古だろうが、一生ものの買い物をすることなんです。


じゃあ古かったらデザインも古いんじゃない?と思われるかもしれませんが、ロレックスの腕時計はほとんどデザインが変わっていません。

有名なデイトナやサブマリーナのようなスポーツモデルも60年以上ほとんどデザインを変えずに来ています。一つ一つのモデルがそれだけ完成されたデザインなんですね。


何年かごとに数万円の安い時計を買うより、一本の良い腕時計に愛情を注ぐ方がいい選択だと思いませんか?


40万円以下でも中古品ならいくつかロレックスにも選択肢があります。
それでは見ていきましょう。




エアキング


ロレックスの入門モデルとして知名度の高いエアキング。34mmの小ぶりなサイズ感でビジネスマンに人気のモデルです。

登場は1950年代と非常に長い歴史を持ちます。一時期ラインナップから姿を消しましたが、現行のエアキングは2016年にスポーツモデルとして復活。今回紹介するのは復活する前のエアキングです。


40万円以下ならば2000年代の比較的新しくて状態の良い個体を選べます。

アンティークのエアキング Ref.5500も雰囲気があって素敵ですよ。

”関連記事”
初心者から玄人まで愛される時計 Ref.5500 エアキング




文字盤のカラーバリエーション、種類も豊富で、人と被らないのも魅力的です。
やはり人気は青と黒に集中するようです。


<< エアキング を探す>>





おすすめは断然ピンクの文字盤です。

華やかなのはもちろん、スーツに合わせても全く浮きません。上品さがあります。それに、暖色系なのでサイズが大きく見え、ガッチリ体系の方が着けてもいい感じです。

私の友人は身長185センチの元ラガーマンですが時計の厚みもあるので時計が小さく見えるとかそんなこともなく普段から着けてますよ。




<< エアキング を探す>>





デイトジャスト


ロレックスと言えば”デイトジャスト”です。デイトナやサブマリーナなんかより歴史があるんですよ。

ロレックスの3大発明機構を搭載した超スタンダードモデルです。

ケースサイズはエアキングよりも少し大きめの36mmサイズ。文字盤、ベゼル、ブレスレットにも多様な種類があり、バリエーションは一番多いモデルです。最近では41mmサイズのデイトジャストⅡという大型デイトジャストもあります。

”関連記事”
ロレックス デイトジャストは腕時計の最高峰!!

<< デイトジャスト を探す>>




40万円以下になると、Ref.1601やRef.1600などアンティークが選択の中心になりますが、内蔵されている機械式ムーブメントは名機Cal.1570なので、大抵の修理業者でまだまだメンテナンスができます。

アンティークといえど精度は良いですし、安心して使っていけると思います。ちなみにCal.1570は同年代のエクスプローラーⅠなどにも使われています。

”関連記事”
時計修理、オーバーホールならこの2社に決まり!!



白文字盤は芸能人かたや著名人も使われている人が多いです。冠婚葬祭にもしていけるのでそういう場が多い方には重宝する腕時計になると思います。

”関連記事”
狙い目のアンティークロレックス ref.1601/1600

デイトジャストを愛用する芸能人、著名人の総まとめ




ベルトを付け替えることで色んな表情を見せてくれますし、本当におすすめしたいアンティークロレックスです。

”関連記事”
アンティークのデイトジャストにNATOベルトを着けるとスポーツモデルっぽくなる

<< デイトジャスト を探す>>



チェリーニ



チェリーニはロレックスのドレスラインの腕時計です。実用時計としてではなく、ドレスコードを意識して造られた格式高いシリーズになります。

サイズは小ぶりで秒針はなし。手巻きのモデルが多いのもチェリーニならではでしょう。

ケースはステンレスではなく、ホワイトゴールドやイエローゴールドなど、貴金属が使われています。

格式高いドレスウォッチも今なら40万円以下で手に入ります。時計業界も全体的に小型化が進んでますし、チェリーニのクロノグラフなんかも噂されているので突然の高騰もあるかもしれません。

”関連記事”
ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

<< チェリーニ を探す>>



いかがでしたでしょうか?
確かにロレックスは高いですが、40万円以下で購入できるモデルも探せばあります。

それにいくら古くてもそこはロレックス。メンテナンスをすれば安心して使っていけるのは良いですね。

もしさらに40万円に数万円か足せるならスポーツモデルも見えてきます。

一本あれば一生もののロレックスの腕時計。是非お気に入りの一本を見つけてください。

<<50万円以下のロレックスを探す>>



”関連記事”
おすすめのクロノグラフの腕時計 高級品からお手頃価格まで

一本目のロレックスに!エクワンVSエアキングVSミルガウス

上司に着けて欲しいロレックスの腕時計。部下はこんな腕時計を着けて欲しい

ガガミラノ監修のLEANDRI(レアンドリ)がイタリア時計らしくて渋い!!


関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
ロレックス 最安値検索
時計のコンテンツ
カウンター
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
93位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR