スポンサーリンク

バーゼルワールド 2019 ロレックス新作予想 GMTマスター2はどう変わるのか?

2019年のバーゼルワールドが近づいてきました。今年もロレックスの新作が楽しみですね。大人気モデルのGMTマスター2ですが、新作が出るのではないかと噂が出ています。



souce:RPR



現行GMTマスター2にディスコンの噂が
2018年の暮れ、GMTマスター2 Ref.116710BLNがカタログから無くなり、ディスコン(廃盤)するのではないかと噂になっています。

”関連記事”
ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

2018年には新キャリバーを積んだ赤青のペプシカラー Ref.126710BLROが出ました。それも、ジュビリーブレスを付けて。現行のGMTマスター2は2007年から生産されているので、そろそろモデルチェンジというのもうなずけます。

この10年で大人気モデルになったGMTマスター2はどうなっていくのでしょうか?

現行モデルと過去のモデルからその先を紐解いていきましょう。



現行GMTマスター2は

まずは現行のGMTマスター2のラインナップを確認してみましょう。ステンレススチールのモデルで現在3種類あります。


Ref.116710LN

souce:ROLEX

販売開始:2007年~

先代GMTマスター2よりさらにラグジュアリー感、質感を高めて登場したRef.116710LN

ケースのラグが太くなり、より重厚感を増しました。ブレスレットもセンターが鏡面仕上げとなり高級感が上がっています。
今までのなかったグリーンのコーポレートカラーが施されており、登場から10年でGMTマスター2の価値を一気に押し上げた功労者といえるモデルです。

しかし、登場から10年以上経っていることもあり、モデルチェンジは近いといっていいでしょう。

<<116710LNを探す>>





Ref.116710BLN

souce:ROLEX

販売開始:2013年~

2013年のバーゼルワールドで颯爽と現れたRef.116710BLN。通称”バットマン”と呼ばれます。
ロレックスには珍しい青色を使ったことで人気は急上昇。前述のRef.116710LNと共にGMTマスター2の人気を押し上げてきました。

価格の高騰は凄まじく、ここ数年で1.5倍にもなっています。

この調子で本当にディスコンすれば現在150万円ほどの価格もデイトナ並みに上がっていくんではないでしょうか?

購入するなら今がチャンスです。

<<116710BLNを探す>>





Ref.126710BLRO

souce:ROLEX

昨年のバーゼルワールドで登場した新世代GMTマスター2、Ref.126710BLRO。元々赤と青のペプシカラーのGMTマスター2はありましたが、このモデルは5連のジュビリーブレスを着けて登場しました。

これはホワイトゴールドのペプシカラーのGMTマスター2と区別する為とも言われています。ぱっと見ではわかりませんからね。重さを計ればわかりますが。

または、これから登場するGMTマスター2はジュビリーブレスが標準になるのか?この辺りも見どころですね。

前述の2モデルとの違いはムーブメントが新キャリバー3285になったこと、文字盤のSWISS MADEの間に王冠マークが入ったことです。

大きく変わらないのはロレックスの伝統を重んじるところです。

<<126710BLROを探す>>




GMTマスター2はどう変わっていくか?
まずはカラーから考えていきましょう。海外の有力サイトでは新カラーの”ブルーベリー”が予想されています。過去のモデルもいくつか的中させた情報筋のため、信憑性は高いです。

また、過去のカラーからも予想が立ちます。

ムーブメントはもちろん新世代キャリバー3285を載せてくるでしょう。

souce:ROLEX

それから文字盤の下にはもちろんSWISS 王冠 MADEでくるでしょう。

souce:ROLEX

では新カラーを予想CGから見ていきましょう。


ブルーベリー

souce:RPR


souce:RPR

海外サイトで数年前から予想されているカラーリングです。さらに青色を強めていますね。これがでれば本当に人気が出そうです。

また、ペプシカラーはジュビリーブレスを着けてきたのでこのブルーベリーもジュビリーブレスを着けてくるのではないでしょうか?

2色ベゼルのモデルと単色モデルの差も付けやすいですし、今後はジュビリーブレスを着けてくるかもしれません。

souce:ROLEX


コークカラー

souce:RPR

懐かしのカラーリングです。ペプシカラーと並んでヴィンテージモデルとして現在でも人気があります。冒険を好まないロレックスなら過去のカラーリング復活もおかしくないでしょう。

と言いますが個人的には出ないと思っています。なぜなら2007年から出ているGMTマスター2はカラーに関して新色の方が多く出ているからです。


単色モデル

souce:RPR

懐かしのカラーリングですね。元祖といえるカラーリングです。単色モデルは2色モデルと区別するために普通のオイスターブレスレットが装着されるのではないでしょうか?

イエローとかでも航空に関係が深い時計なんでアリだと思うんですが。


<<GMTマスターを探す>>




いかがでしたでしょうか?
2020年にはエクスプローラーⅠやサブマリーナなど、多くのモデルチェンジがあるはずです。(たぶん。)

今年は大人しくなるか、派手になるか。

ロレックスは予想も出来ない新作を出してくるのでバーゼルワールドが楽しみですね。

楽しみに待ちましょう!!

<<GMTマスターII を購入する>>



”関連記事”
ロレックス サブマリーナ新作予想 青色ステンレスモデル!?

ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

ロレックス 2019年に新作クロノグラフが出る?

ロレックスで2019年中にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!!

コンピューターっぽい腕時計が流行の兆し!!


関連記事