スポンサーリンク

おススメの青い文字盤の高級腕時計

腕時計の文字盤と言えば、安定の黒、白ですよね。どちらも人気があり、ビジネス等の場でも浮かない鉄板のお色になります。しかし、近年注目されだしているのは青文字盤です。黒、白の文字盤に比べるとマイナーですが、特にネイビー系の暗い青色はエレガントで優雅な印象から黒、白に変わる一大勢力となり、各時計メーカーでの使用も増えているところです。

この記事では注目度上昇中の青文字盤の腕時計を紹介していきたいと思います。



オーデマ・ピゲ CODE 11.59

souce:オーデマ・ピゲ

2019年のSIHHで発表されたオーデマ・ピゲの新作です。識者に言わせると、オーデマ・ピゲらしくない全く新しい腕時計とのこと。
「11.59」は日付が変わる瞬間を表しているそうです。発表からまだ間もない現在では「イレブン・フィティーナイン」と呼ばれているようですが後々判明していくでしょう。白黒文字盤もありますが、革ベルトまでネイビーを使用した青文字盤のモデルが人気が出そうです。

三大雲上時計メーカーの一つと言われながらも「ロイヤルオーク」以降なかなか主力として定着する人気シリーズを打ち出せていないオーデマ・ピゲ。「CODE 11.59」は「ロイヤルオーク」に並ぶ人気機種になるのかも注目です。


<<CODE 11.59を探す>>






IWC プティ・プランス

souce:IWC

IWCの人気シリーズ「プティ・プランス」。シンプルなパイロット・ウォッチからクロノグラフまで、いくつか種類のあるこのシリーズは「星の王子さま」をモチーフにしています。全機種、文字盤は青色。

個人的には青文字盤の腕時計人気を下支えしたシリーズだと思っています。最もシンプルな上の画像にあるマーク18は値段も40万円台と手が出しやすいのも魅力的です。


<<IWC プティ・プランスを探す>>






ロレックス オイスターパーペチュアル36

souce:ROLEX

世界で最も人気の高いロレックスのオイスターパーペチュアル。ロレックスの入門モデルとしても人気です。自動巻き、防水時計としてここまで完成された腕時計もないでしょう。質実剛健で頑丈。

3針のシンプルな機構のため、機械式時計としてトラブルが少ないところも人気の秘密です。
オイスターパーペチュアル36では文字盤の色は各種ありますが、青文字盤のみバーインデックスだけでなく、3,6,9の文字インデックスが載ります。
青文字盤のみロレックスも特別扱いしているようです。

近年、ロレックスの腕時計は10年前と比べて値段が2倍ほど上がりましたが、このオイスターパーペチュアル36に関してはそれほど変動がなく、価格帯が安定しているところも購入者としては魅力的です。

”関連記事”
ロレックス オイスターパーペチュアルは入門機ではない


<<オイスターパーペチュアル36を探す>>






パネライ ルミノール ドゥエ

souce:PANERAI

パネライの新しいコレクション、「ルミノール ドゥエ」。デカ厚時計の火付け役であったパネライから出た「薄型ケース」のモデルになります。

こちらの青文字盤のモデルは、コレクション発表時からラインナップに上がっていた濃紺の文字盤モデルです。
それにしても美しいです。実機を見ればさらに良さがわかるかと。

新コレクションに青文字盤を出してくるあたり、青文字盤の腕時計人気が上がっていることがわかります。

”関連記事”
パネライ サブマーシブル 1950 の42mmがすごく気になる。いや、欲しい!



<<ルミノール ドゥエを探す>>






タグ・ホイヤー アクアレーサー

souce:tagheuer

タグ・ホイヤーのダイバーズウォッチライン、「アクアレーサー」。どのモデルも防水300m以上と高い防水性能を誇ります。
実は青文字盤人気で、ダイバーズウォッチにもその輪は広がりつつあるのです。

逆回転ベゼルに、青文字盤、青系のシリコンベルトが最近のダイバーズウォッチのトレンドとなっています。2019年のSIHHではパネライも同じようなダイバーズウォッチを発表していましたし、ブライトリングにもあります。

タグ・ホイヤーは種類も多く、その先駆けといっていいかもしれません。


<<アクアレーサーを探す>>






BAMFORD WATCH DEPARTMENT Mayfair

souce:BAMFORD WATCH DEPARTMENT

カスタムウォッチ専門メーカーであったバンフォードウォッチデパートメントのオリジナルウォッチ。
ロレックスやゼニスのカスタムで培った軍用グレードチタンコーティング(MGTC)などの技術を落とし込んだオリジナルラインになります。

カスタムメーカーらしく、ピンクやオレンジなど様々なカラーがありますが、人気なのはブラックコーティングに青文字盤の組合せです。

通常200万円~300万円はするカスタムウォッチの質感を、この「BAMFORD Mayfair」シリーズでは税込み64,800円 で楽しむことができます。

”関連記事”
BAMFORD(バンフォード)のオリジナル、Mayfairシリーズが買える!!





ZINVO(ジンボ) BLADEシリーズ

souce:ZINVO

アメリカ発のウォッチブランドであるZINVO。時計メーカーとしてはかなり若い部類に入りますが、秒針がタービン状になっているスタイルはインパクト大です。

若者を中心にSNSで人気を呼び、現在ではZOZOTOWNでも取り扱いが開始されるなど、注目のブランドです。
高級腕時計というジャンルにはまだ入っていませんが、MIYOTA製の機械式ムーブメントを搭載しながら税込み48600円とコストパフォーマンスの高いブランドとなっています。

文字盤ではありませんが、タービン針がブルーのこちらのモデル、「MARINE」が一番人気となっており、品薄状態が続いています。

人と違う腕時計を探している人はぜひ。


<<ZINVOを探す>>




いかがでしたでしょうか?
今後も青文字盤の腕時計の需要は高まっていくのではないでしょうか?

特に夏はシンプルな装いに映えそうですね。

高級時計は値段も高いため、失敗を恐れてしまうものです。そのため、無難な白文字盤、黒文字盤に流れてしまうのもわかります。

しかし、せっかく高いお金を出すわけですから、自分が気に入ったもの、合っているものを選ぶのも大事だと思います。

青文字盤は白、黒にない優雅さを持ち合わせていると思うので、考えている方はぜひ冒険して欲しいです。



”関連記事”
デイトジャストの白文字盤を芸能人はなぜ好むのか?

最高峰のデイトナ アイスブルーダイヤル Ref.116506こそ目指すべき頂

アイアンマン ロバート・ダウニー・Jr 様の腕時計

Breguet(ブレゲ)の意外な歴史

ロレックス サブマリーナ(デイトORノンデイト)を愛用する芸能人、著名人のそうまとめ
関連記事