カスタムメーカー BamfordのオリジナルGMTウォッチが解禁!!

近年、グローバル化により昔に比べて海外がより身近になってきました。海外旅行や海外でのお仕事、取引先など、他国のタイムゾーンを確認する機会も増えてきたと思います。また、FXや株取引など、普段海外に行かない人でも海外の市場の時間を気にする場面は増えてきています。そこで最近急速に需要が増えているのがGMT機能を持った腕時計です。




GMT機能とは

souce:プリンチヴェプリヴェ

GMT機能とは、通常の時刻と同時にに第二時間帯も表示出来る機能の事です。
名前の由来はGreenwich Mean Time(グリニッジ平均時)、イギリスのグリニッジ天文台(経度0度)を標準とした世界標準時間から来ています。

他国の時間帯を表示するために24時間ベゼル(メモリ)が搭載されています。
有名なモデルで言えば、ロレックス GMTマスター、パネライ ルミノールGMTなどです。

”関連記事”
バーゼルワールド 2019でGMTマスター2はどう変わるのか?

この記事では、カスタムロレックスなどのカスタマイズ専門メーカー、BAMFORD WATCH DEPARTMENTのオリジナルGMTウォッチを紹介していきます。



BAMFORD GMTについて

souce:プリンチヴェプリヴェ

BAMFORD WATCH DEPARTMENTはロレックス等のカスタムで名を上げたイギリスの時計カスタム専門メーカーです。

元々はトップを務めるジョージ・バンフォード氏の時計好きの趣味から始まりました。ある時に人と被りまくるロレックス デイトナに嫌気がさし、自身の所有するデイトナをオリジナルでカスタムしたところからこの会社はスタートしました。

現在、ロレックスのカスタムはやっていませんが、LVHMグループのZENITH(ゼニス)、TAG Heuer(タグホイヤー)、BVLGARI(ブルガリ)における、世界初にして現在唯一の“公式カスタマイザー”に認定されています。

BAMFORD WATCH DEPARTMENTは元々高級ウォッチの改造のみでしたが、カスタム中にお客さんの手元から腕時計が離れることから、貸し出し用の腕時計を作製します。
これがMayfairシリーズです。
後にこのサービスウォッチを買いたいという話が来て、現在は製品化されています。

通常200万円~300万円はするカスタムウォッチと同じ質感をリーズナブルに味わえると、人気モデルになっています。

”関連記事”
BAMFORD(バンフォード)のオリジナル、Mayfairシリーズが買える!!

そして今回出されたのが、完全オリジナルウォッチ、BANFORD GMTです。


souce:プリンチヴェプリヴェ

世界中の顧客から信頼を得る、コーティング技術や、質感の高い文字盤、エッジの効いたカラーリングなど、早くも注目の腕時計になっています。矢印付きの針で第二タイムゾーンを表示することができます。


souce:プリンチヴェプリヴェ

裏側も高級時計のそれです。サイドから見ても野暮ったくなく、シャープな印象。元々パイロットの為に開発されたGMTウォッチにキャラクターに合致したフォルムです。


souce:プリンチヴェプリヴェ

カラーリングは4色

今のところ4色が予約販売という形で購入できます。というのも、ジョージ・バンフォード氏のポリシーで同じ時計は20本程度までしか生産しないというのがあります。元々、人と被ることが嫌で始まったブランドですから当たり前ですよね。

バンフォードの商品を手に取って、人と被るようなことではいけないんでしょう。

GMT/Signature aqua blue and black unique colourway

souce:プリンチヴェプリヴェ

GMT/White and blue unique colourway

souce:プリンチヴェプリヴェ

GMT/Orange and blue unique colourway

souce:プリンチヴェプリヴェ

GMT/Flame orange and grey unique colourwaycolourway

souce:プリンチヴェプリヴェ

価格:各色167,400円

【仕様・スペック】

機能:ボールベアリング付き自動巻き機構、クイック日付設定付き3時位置、中央の秒針によるセカンドタイムゾーン
ムーブメント:自動巻き(Sellita SW330-1)25Jewels、28,800 Vph、42時間パワーリザーブ
ケース材質:316Lステンレススチール、アンチグレア付きサファイアクリスタルガラス
ケース直径:40 mm
ケース厚:11.2 mm
ケースバック:ステンレス
耐水性:10気圧
ラグサイズ:20mm
ストラップ:メタルストラップ


機械式ムーブメント、GMT機能を搭載でこの価格はなかなかないと思います。コーティングや仕上げは各国のセレブからの折り紙付きです。



いかがでしたでしょうか?

souce:プリンチヴェプリヴェ

一昔前はあまり人気のないモデルだったGMTを搭載したモデルも、現在ではパイロット以外の方でも必要なツールになっています。

ロレックスのGMTマスター2というモデルは、ここ15年ほどで価格が倍以上になっています。その分各メーカーもGMT機能を搭載したモデルには力を入れているところです。

BAMFORDは現在、自社製の腕時計の開発にも力を入れ始めてきました。今後は公認カスタムメーカーと自社製ウォッチメーカーという二足のわらじでいくんでしょう。

カスタムロレックスを含めて過去のBANFORDの作品は軒並み価値を上げていますし、初めての自社製ウォッチということで、このBANFORD GMTも今後が楽しみな一本だと思います。





”関連記事”
BAMFORD(バンフォード)のカスタムロレックスは超貴重品

BAMFORD(バンフォード)×TAG heuerのカスタムウォッチ

ロレックス GMTマスター2 116710BLNRが無くなる?カタログ落ちでディスコン決定か

オールブラックの腕時計は男らしさ満点!!


関連記事

スポンサーリンク

XM 口座開設

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micha

Author:micha
時計は全般的に好きです。
普段は主にROLEX ExplorerⅠ Ref.214270を愛用しています。
一生もののアンティークロレックスと遊びに使える時計を探しています。
趣味はDIY

カテゴリ
ロレックス 最安値検索
時計のコンテンツ
カウンター
リンク
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
88位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR