スポンサーリンク

ロレックス ヨットマスターがモデルチェンジ!Ref.126622へ

バゼールワールド2019にてヨットマスター40が実にひっそりとモデルチェンジを果たしました。HPでは2019年新作とすら書かれていない扱いです。地味なマイナーチェンジです。



それでは新作ヨットマスター40を見ていきましょう。








"ロレックス ヨットマスターとは"



souce:rolex

ヨットマスターは富裕層がヨット上で優雅にクルージングを楽しむために作られたモデルです。そのためか、素材にも高価なプラチナが使われていたり、ダイバーズウォッチのようで防水性能は100mしかなかったりとどちらかというとラグジュアリーな時計の部類に入ります。

現行モデルであったRef.116622は2012年にデビューし、人気のダークロジウムダイヤルは2016年に追加されました。



<<ヨットマスターを探す>>





"新型ヨットマスター40の変更点"



souce:rolex

見た目の変更では、2018年から始まった、「SWISS MADE」表記の間のクラウンマークです。
見た目はこれだけ。

大きく変わったところは、ムーブメントが変更になっており、Cal.3135から新世代ムーブメント Cal.3235nになり、パワーリザーブ時間が70時間に伸びています。

リファレンスナンバーは116622から126622へ。

その他のヨットマスターも同様にモデルチェンジになっており、キャリバーが変更になっています。

モデルチェンジというよりはマイチェンというところでしょうか?

見た目がほぼ変わっていないので、旧型モデルが一気に高騰することはなさそうです。



<<ヨットマスターを探す>>





"今後マイチェンしそうな機種"


キャリバーが新型に移り変わっているので、今後もこのマイナーチェンジが続きそうですね。

やはり生産から10数年経っている。ミルガウス。





2016年に文字盤のマイナーチェンジを受けたエクスプローラー1。





この辺りがあやしいと思います。

もちろん大きく変わってくれた方がこちらとしては面白んですが。



”関連記事”
ロレックスの中古を50万円以下で賢く購入

ロレックスの遊び心のあるモデル

エクワン 214270 ブラックアウトが値上がりする4つの理由

関連記事