スポンサーリンク

ロレックスの2020年にディスコン(廃盤)するモデルを大予想!! 

2019年現在、ロレックスは転換期を迎えています。次世代型ムーブメントの登場や「SWISS MADE」の表記変更、主力モデルのモデルチェンジも少しずつ始まっています。ロレックスのスポーツモデルはディスコン(廃盤)すると価格が急上昇することで知られています。ディスコンになる前が買い時で最後のチャンスと言えます。



毎年ロレックスはバーゼルワールドにて新作を発表していますが、その裏ではディスコン(廃盤)になるモデルもあるわけです。
2019年はGMTマスター2が青黒、黒ともにディスコンになりGMTマスター2はジュビリーブレスのみになりました。

現在のラインナップはもちろん充実していますが、販売開始からすでに10年以上経過しているモデルもあります。

この記事では、2020年以降にディスコンになる可能性のあるモデルを紹介していきます。





"グリーン サブマリーナ Ref.116610LV"



souce:ROLEX

販売開始:2010年~

2003年にサブマリーナ誕生50周年を記念し発表されたRef.16610LVの次期モデルとして、ダイヤルカラーをブラックからグリーンへ変更した現行グリーンサブマリーナ。

大変人気なモデルで、価格もこの2,3年で1.5倍ほどに上昇しています。

サブマリーナデイトのモデルチェンジはこれまで10年ごとなので2020年にはモデルチェンジ、またはディスコンになるはずです。
もしもグリーンサブマリーナが無くなれば簡単に200万円は超えてくるでしょう。

グリーンサブマリーナもいいですが、最近は青いダイバーズウォッチも流行りなので違う色もいいかもしれません。



”関連記事”
ロレックス サブマリーナ新作予想 青色ステンレスモデル!?


<<グリーン サブマリーナを探す>>





"サブマリーナ デイト Ref.116610LN"



souce:ROLEX

販売開始:2010年~

サブマリーナはデイト付きが2010年から生産されており、ちょうど2020年がモデルチェンジの時期になります。
ノンデイトは2012年から製造されているのでもうしばらくはこのままでしょう。


それにしてもモデルチェンジの噂があるためか、去年からの価格の高騰は凄まじいものがあります。
並行新品価格は現在では120万円超えです。

この116610LNはセラミックベゼルやブルーパラクロムひげゼンマイなど大きくブラッシュアップされただけに、次回のモデルチェンジも楽しみです。



”関連記事”
ロレックス サブマリーナ(デイトORノンデイト)を愛用する芸能人、著名人のそうまとめ

<<サブマリーナ デイトを探す>>


<<サブマリーナ ノンデイトを探す>>





"ミルガウス Ref.116400GV "



souce:ROLEX

販売開始:2007年~

販売開始からすでに10年以上が経過したミルガウス。今回のバーゼルワールドでもディスコンの噂はかなりありました。
すでにグリーンサファイヤ風防の付いていないRef.116400はディスコンになり、価格もグングン上昇中です。

このモデルはミルガウスとして20年ぶりに復活したので、後継機種も期待したいところ。
このモデルは伝説的な初代ミルガウスのオマージュ的な作品だったので、セカンドモデルのRef.1019を彷彿とさせるモデルを期待したいですね。

現在でも他のモデルに比べれば比較的価格の上昇は緩やかなので今のうちにゲットしましょう。



<<ミルガウスを探す>>





"エクスプローラー1 Ref.214270"



souce:ROLEX

販売開始:2010年~

エクスプローラー1は先々代のRef.14270から10年周期でモデルチェンジしています。

そうなると、新作は2020年に出るはずです。現行エクスプローラーは前モデルより3mm大きくなるというとてつもない変化がありました。
しかし、エクスプローラー1は大きくなって賛否両論あります。

オーデマ・ピゲやヴァシュロン・コンスタンタンなどもサイズダウンしたスポーツモデルを出しています。
エクスプローラー1の新作でも37mmなど、サイズダウンさせてくると面白いですね。

エクスプローラー1の新作予想記事を書いたのでぜひ見てください。



”関連記事”
ロレックス エクスプローラー1の新作予想を数パターン紹介!!


<< 214270 を購入する>>





"エアキング Ref.116900"



souce:ROLEX

販売開始:2014年~

現行のエアキングはエクスプローラー1の文字盤とミルガウスのムーブメントを搭載したいわゆるいいとこどりのモデルです。
緑のコーポレートカラーの秒針。イエローのクラウンマークとロレックスには珍しく派手なモデルです。

勝手な予想ですが、エクスプローラー1をマイナーチェンジさせるために出されたモデルだと思っています。
そう考えると2010年から生産した文字盤を消費している状態なので、来年で約10年。

ディスコンして流用モデルではなく、全く新しい姿を見せて欲しいですね。



<<エアキングを探す>>


”関連記事”
現行ロレックスの最もお買い得なモデルとは?




"終わりに"


ロレックスは突然の発表が好きなブランドです。

何のアナウンスもなくHPからモデルが消えたりと、謎めいたことも戦略の一部になっています。
2019年にはバーゼルワールド直前でHPに新モデルを載せてみたりと毎回楽しませてくれます。

ディスコンになるモデルは毎回価格が高騰します。今回もGMTマスター2は爆上げしました。投資と考えて購入してみるのも面白いと思います

ここで紹介したモデルは来年以降もあるかもしれないしないかもしれません。

欲しいモデルがあれば今のうちに!!をおすすめします。





”人気関連記事”
ロレックス 2020年に新作クロノグラフが出る?

ロレックス オイスターパーペチュアルは入門機ではない

エクワン 214270 ブラックアウトが値上がりする4つの理由


関連記事