スポンサーリンク

軽い着け心地のブレゲ新型マリーン 5517TI/G2/5ZU

新しくなったマリーン5517。旧モデルの5817から大きく変わって登場しました。5517TIはチタンケースにゴールド製のグレー文字盤を合わせたエントリーモデルです。軽い着け心地もスポーツモデルらしく、早くも人気が出そうな気配がしています。





"ブレゲを復権させた旧モデル5817ST"




2004年に登場し、ブレゲの人気を復権させた前モデル5817ST。ステンレススチールのケースにブレゲらしいディテールを随所にちりばめたデザインは現代のブレゲウォッチとして時計好きに受け入れられました。

<<旧マリーンを購入する>>





"新型マリーン 5517TI/G2/5ZU"



souce:eyeeyeisuzu

サンバースト・スレートグレー仕上げの文字盤は光の当たり具合で様々な表情を見せてくれます。文字盤の素材はゴールドを使用。全てのモデルの文字盤にゴールドを使用するのはブレゲくらいではないでしょうか?


souce:eyeeyeisuzu

ケースサイドはブレゲウォッチの象徴、コイン彫りです。これも初代ブレゲの考案。初代ブレゲは機構だけではなく、デザインに関しても多くの功績を上げています。ケースは40mmにサイズアップしましたが、ベルトを留めるラグがその分短くなっており、着け心地は前作より向上しているかと思います。


souce:eyeeyeisuzu

ケース裏はシースルーバック仕様。美しいムーブメントの動きを眺めることができます。



"新型マリーン 5517TI/G2/5ZU リストショット"



souce:hakkyuu

チタン製の腕時計をはめたことのある方ならわかると思いますが、非常に着け心地は軽いです。新生マリーンに安価なステンレスモデルがなくなったのは寂しいですが、軽い着け心地でよりスポーツらしさは増したのではないかと思います。


”マリーンの購入ならロデオドライブ”はこちら

関連記事