スポンサーリンク

夢の競演 ロレックスとアップルウォッチが手を組んだら

機械式腕時計の売り上げで世界一はロレックスです。では機械式など縛りを取っ払うと?なんとアップルウォッチなんです。アップルウォッチだけでロレックスの売り上げを超えるという。アップル恐るべしです。そんな世界で一番腕時計を売っているアップルと、2番目に多く売っているロレックスが手を組んだらという妄想記事です。





今の時代はどんなコラボレーションも許される?




人種や性別、年齢、会社、ブランド、文化、歴史などこれまで相容れなかったものもお互いの価値を認め合うこの時代です。コラボレーションというものはどんなものの垣根も超えてきます。

世界で最も成功したコラボレーションといえば、あのハイブランドとストリートブランドのタッグでしょう。


そう、LOUIS VUITTONSUPREMEのコラボです。

あまりの人気ぶりでどんなアイテムも高騰しまくりです。パーカー一着数十万円、Tシャツが10万円という世界。。

近い将来コラボレーションも終わると思いますが、すごい衝撃でした。ハイブランドの1番とストリートブランドの一番のコラボ。それなら、機械式腕時計の一位とスマートウォッチの1位がコラボしても面白いですよね。

<<LOUIS VITTON × SUPREMEのアイテムを探す>>






アップルとロレックスが手を組んだらどんなウォッチが生まれる?




とりあえず簡単そうなコラボで言えば、アップルウォッチ用にロレックスのオイスターブレスレットが出るとか?ただ、ベルトだけが重くなりすぎてバランスが良くないかも知れません。


ロレックス オイスターブレスレット



それでもアップルウォッチ用のブレスレットがロレックスから登場したらバカ売れでしょうけど。ロレックスとしてはブレスレットだけっていうのはあんまりおもしろくはないでしょう。

実はもうこれをやっている方がいらっしゃいます。腕時計修理、カスタム専門の”ゼンマイワークス”さんです。画像お借りしています。画像はオイスターブレスレットとジュビリーブレスですが、ジュビリーもいいですね。興味がある方はゼンマイワークスさんまで。

ゼンマイワークスさんのロレップル




では、ケースもロレックスのオイスターケースを使用するというのはどうでしょうか?これならだいぶロレックスに譲歩したような形にはなります。防水性能の高いオイスターケースはロレックスが100年近く使い続けているくらいですから、これならまだ納得してくれるかもしれません。

ロレックス オイスターケース



まあでも、ロレックスはムーブメントの方にも伝統と誇りがありますからね、そこもなかなか譲ってくれないでしょう。

コラボするなら、ムーブメント系はアップル、ケースやブレスレット等、外装を担当するのがロレックスというのが一番簡単で無難かもしれません。でも、No.1どうしのコラボなら我々の予想の斜め上を行って欲しいところです。



機械式とスマートウォッチのハイブリッドウォッチ




実は機械式とスマートウォッチのハイブリッドウォッチというのをフレデリックコンスタントが2018年に造っています。その名もハイブリッド マニュファクチュール。そのまんまですね。

この新たな試みのモデルは、機械式の見た目ながら活動量計測、睡眠計測、ダイナミックコーチ、バロメーター(気圧、晴雨)、温度、高度、UV、現地時刻とホームの時刻を表示するデュアルタイム機能を搭載し、スマートフォンとリンクすることができます。

ロレックスとアップルが組むのならこれ以上のものを作って欲しいですね。例えば、文字盤の上に透明の液晶を搭載してワンボタンでスマートウォッチの画面に切り替わるとか?時計は厚くなりそうですが、面白いと思います。

<<フレデリックコンスタント ハイブリッドを探す>>




いかがでしたでしょうか?




ロレックスとアップルのコラボウォッチ。想像するだけでワクワクします。ただの妄想ですが。ただ、現在のスマートウォッチの普及はクォーツショックの起こった時代以上のインパクトがあると思います。今は、機械式時計は嗜好品。スマートウォッチはウェアラブル端末とで別物として見られているふしが大きいと思いますが、腕時計界としては今後なんとか手を組んでいかないとまずいんじゃないでしょうか?

ロレックスとアップルの担当さん、本気で考えてください。
関連記事