スポンサーリンク

アンティーク(ヴィンテージ)デイトナの魅力|おすすめショップも

ロレックスのデイトナ。いつかはデイトナと言うほど誰もが憧れる腕時計の一つです。中でもアンティーク(ヴィンテージ)デイトナは腕時計好きにも最終到達点的な逸品。この記事ではアンティーク(ヴィンテージ)デイトナの魅力とおすすめモデル、ショップを紹介します。


アンティーク(ヴィンテージ)デイトナとはどんなモデルを指す?


一般的にアンティーク(ヴィンテージ)デイトナとは1960年代初頭から1988年までに製造されたリファレンスナンバー4桁のモデルを指します。ムーブメントはロレックス社製ではなく、バルジュー社が供給していました。ロレックスがクロノグラフのムーブメントを自社生産し始めたのは意外にも2000年からです。

機構も自動巻きではなく、手巻き。初期の頃は防水性もなく、非防水のモデルでした。
しかし、その価値は高まりを見せており、500万円からレアモデルになれば数千万円を超えるものまであります。
それでも求める人が絶えないのはそれだけの魅力があるということです。

偽物やカスタム品も多く出回っているため、信頼のおけるショップで購入することをお勧めします。

デイトナの基礎を作ったRef.6238



1950年代末に生まれた最初期のデイトナは3インダイヤルのシンプルなクロノグラフ。文字盤のプリントには”デイトナ”の文字はまだ入っていません。ベゼルはタキメーターのものではなく、クラシックらしいスムースベゼル。当時としては平凡なクロノグラフで人気もそれほどありませんでした。

しかし、生産本数も少ないことから現在ではレアモデルとして認知されています。シンプルなデザインもデイトナにはない魅力があります。

【アンティーク】 ロレックス メンズ クロノグラフ/手巻き (Ref:6238) シルバー

価格:5,408,000円
(2019/6/26 10:37時点)





最初のデイトナ Ref.6239



正式にデイトナの文字が文字盤にプリントされた初めてのモデル。1960年代初めから終わりまで生産されました。この頃のデイトナはあくまでサブネーム。正式な商標登録は”コスモグラフ”。そのためか、デイトナの文字のない個体も多くあります。

レース用クロノグラフとして生まれたため、タキメーターの文字列には速度計測に適し、最高時速は200km、初期モデルには300kmまでが印字されています。

ポールニューマンモデルの誕生



アンティーク(ヴィンテージ)デイトナのレアモデルとして有名なポールニューマンモデルもこのRef.6239から存在しています。

<<Ref.6239を探す>>


アンティーク市場で最も価値が高いRef.6241



アンティーク(ヴィンテージ)デイトナの中でも最も価値が高いとされるモデルです。それは、初めてプラスチックベゼルを採用したのも理由でしょう。プラスチックベゼルは劣化もしやすいため、状態の良いモデルは数が限られています。市場で出てくるのもなかなかないので見かけたらラッキーです。こちらも1960年代初めから終わりまで生産されました。芸能人や世界中のVIPの方もよく愛用されている魅力的なモデルです。

<<Ref.6241を探す>>


名ムーブメントを搭載したRef.6262



前述のRef.6239のアップデート版。名キャリバー バルジュー727はロレックスの手巻きデイトナに約20年間採用され続けました。防水機能のない最後のノンオイスターデイトナです。1970年代に入ると、防水機能を搭載したデイトナが登場するため、結果的にこのモデルは短命に終わりました。ポールニューマンが愛用したデイトナもこのモデルになります。

<<Ref.6262を探す>>


希少なプラスチックベゼルを装着したRef.6264



こちらも非防水のデイトナ。Ref.6262のプラスチックベゼルを装着したバージョンです。このモデルは短命に終わったのもあり、アンティーク市場でも特別高い値を付けることの多いモデルです。Ref.6241とならびなかなか市場ではお目にかかれない逸品です。

<<Ref.6264を探す>>


初めて防水化を果たしたRef.6265



初めて文字盤にオイスターのロゴが入り、防水機能を持ちました。防水化への課題であったクロノグラフプッシュボタンにねじ込み式を採用これにより防水性能50mを達成しています。

このモデルは1970年~1988年まで約18年間もの長い間生産された名機。そして最後の手巻きデイトナになります。実用性も兼ね備えたアンティーク(ヴィンテージ)デイトナと言えるでしょう。市場にも球数がまだ多いためか、一番多く出品されています。
ムーブメントも20年間製造されたバルジュー727を搭載しているため、オーバーホールを受け付けてくれる修理店も他のモデルと比べて多いのも安心です。

<<Ref.6265を探す>>


最後のプラスチックベゼル搭載デイトナRef.6263



Ref.6265のプラスチックベゼルバージョン。このモデルも18年間製造されました。プラスチックベゼルを使用していますが、なんとか市場でも出品されています。数が増えることはないので、魅力を感じているなら早めに購入することをお勧めします。

<<Ref.6263を探す>>


ポールニューマンモデルとは



米俳優のポールニューマンが好んで着用したことからこの名前が付けられています。人気の高いポールニューマンモデルこれは紹介してきたアンティーク(ヴィンテージ)デイトナの全てのモデルに存在します。文字盤やカラーのバリエーションとしてとらえてもらっていいと思います。大きく2つの特徴があり、インダイヤルが15分刻みで表示されていること、インデックスにドットタイプを使用していることが挙げられます。これらの特徴は全てのポールニューマンモデル共通のディテールとなっています。

通常の文字盤と比べて雰囲気も柔らかく、アンティークっぽさが魅力です。ちなみにポールニューマンが愛用した本人所有の個体がオークションで20億円の値を着けました。これは腕時計の最高落札額です。

<<ポールニューマン・デイトナを探す>>



おすすめのアンティーク(ヴィンテージ)デイトナは?



アンティーク(ヴィンテージ)デイトナはどのモデルも魅力的でおすすめですが、押しは6265と6263です。
理由は防水性があることで実用的に使うことができる点と、搭載しているキャリバーの生産年数が20年と長いため、世界中に修理用のアフターパーツがある事です。

市場に流通している数も他のモデルと比べると多いため、選ぶこともできます。価格も1000万円を切るものも多くリーズナブル。決して安くはありませんが、使続けることを考えるとベストな選択かと。

アンティーク(ヴィンテージ)デイトナを購入するおすすめショップは?



おすすめは3店舗。

・ロデオドライブ公式サイト

・クォーク公式サイト

・ギャラリーレア公式サイト

この3店舗は常時2、3本のアンティーク(ヴィンテージ)デイトナを抱えており、アフターサービスも安心です。どのお店も老舗で安心感があります。上記はリンクになっているのでぜひ覗いてみてください。


アンティーク(ヴィンテージ)デイトナは生涯最高の買い物?


世界中の著名人がこぞって着用するアンティーク(ヴィンテージ)デイトナ。腕時計としては最高クラスのお値段なので買える人は限られています。

しかし、これを手にすることができれば生涯最高のお買い物になるのではないでしょうか?それだけの魅力がアンティーク(ヴィンテージ)デイトナにはあります。




”関連記事”
最高峰のデイトナ アイスブルーダイヤル Ref.116506こそ目指すべき頂

ロレックス デイトナの中古モデルは今が買い時

ロレックス デイトナ ポールニューマン いろんな種類、あるんだね。

ポールニューマン&コメックス お金さえあれば買える超高額ロレックス
関連記事