スポンサーリンク

ロレックス GMTマスターⅠ&Ⅱを愛用する芸能人、有名人たち

ここ数年で最も腕時計界を賑わせているといっても過言ではないロレックス GMTマスター2。人気モデルだけに多くの芸能人、有名人の方が愛用しています。特に海外で仕事をする方や、時差のある地域の人たちとやり取りをする場合に便利なGMT機能を持つだけに、グローバルに活躍する方々が愛用しているのが印象的です。この記事では、ロレックス GMTマスターⅠ&Ⅱを愛用する芸能人、有名人の方がたを紹介していきます。




ロレックス GMTマスターⅠ&Ⅱとは


ロレックスのスポーツモデルの一つです。世界中を飛び回るプロフェッショナルのためにGMT機能を搭載した腕時計です。GMTマスターⅠは2つの時間帯を、現行機種であるGMTマスターⅡは3つの時間帯を表示できます。

ファーストGMTマスターの登場は1955年。発売から60年以上が経ち、モデルチェンジを繰り返していますが、他のロレックスのスポーツモデルと同様にほとんど外観のデザインは変わっていません。

ロレックスの腕時計を集める傾向として、陸海空という言葉があります。陸=エクスプローラー、海=サブマリーナ、空=GMTマスターと言われるほど、ロレックスの数あるモデルの中でも重要なポジションにあります。

ここ2年連続で新作のGMTマスター(ロレックスのモデルチェンジは約15年周期)が出ていることもあり、話題に上りやすいこともあってか、資産価値もグングン上昇中です。

それでは、芸能人、有名人の皆さんが愛用しているGMTマスターを見ていきたいと思います。

GMTマスターⅡ Ref.116710BNLR




<愛用する芸能人、有名人>
・ロジャーフェデラー
・矢作兼(お笑い芸人)
・藤原一裕(お笑い芸人)
・内山信二
・ルカ モドリッチ(サッカー選手)


<コメント>
2012年に初登場し、青と黒のベゼルカラーから”バットマン”の愛称で親しまれたRef.116710BLR。惜しまれつつも2019年に廃盤となりました。後継機種はジュビリーブレスレットに変更になり、よりラグジュアリー感が増しています。

今後も人気を博していくモデルでしょう。

このモデルを市場で見てみる



GMTマスターⅡ Ref.116710LN




<愛用する芸能人、有名人>
・ロジャーフェデラー
・ブラッド ピット
・陣内孝則(俳優)
・渡部篤郎(俳優)
・藤森慎吾(お笑い芸人)
・デンベレ(サッカー選手)


<コメント>
2007年に初登場し、GMTマスターの人気を不動のものにしたモデル。実はこのモデル以前までのGMTマスターはあまり人気の高くないモデルでした。現在では古い旧型のモデルでも100万円前後はしますが、このモデルの登場前まではシンプルなエクスプローラー1の方が高値だったことはご存知ですか?よりケースにも厚みが増し、ベゼルにもセラミックを使用してラグジュアリー感が格段に上がっています。2019年に廃盤となりましたが、後継機種は今のところ出ていません。単色ベゼルの最後のGMTマスターです。


このモデルを市場で見てみる



GMTマスターⅡ Ref.126710BLRO




<愛用する芸能人、有名人>
・ジョルジョ キエッリーニ(サッカー選手)
・シルベスタスタローン
・濱田岳


<コメント>
2018年に驚きをもって登場したモデル。スポーツモデルにジュビリーブレスレットを装着して登場した現行モデルになります。いかんせんまだ発売してから間もないため、愛用するかたの情報は少ないですが、今後は確実に増えていくことでしょう。


このモデルを市場で見てみる



GMTマスターⅡ Ref.16710




<愛用する芸能人、有名人>
・宮川大輔(お笑い芸人)
・ケンドーコバヤシ(お笑い芸人)
・武田真治
・間宮祥太郎

<コメント>
未だにファンの多い赤黒のコークモデル。新作予想でもよく出てくるカラーリングです。


このモデルを市場で見てみる



GMTマスター 旧ペプシ




<愛用する芸能人、有名人>
・京本政樹
・くっきー(お笑い芸人)
・石井正則
・竹野内豊
・石原裕次郎
・木下ほうか
・堺雅人
・チェゲバラ

<コメント>
初代から続く、GMTマスターにとっては伝統的なカラーリングになります。愛用者も個性的な方々がズラリ。それもそれぞれが各業界でかなりの大物です。


このモデルを市場で見てみる



GMTマスターⅡ Ref.16710




<愛用する芸能人、有名人>
・坂本昌行(V6)

<コメント>
おそらくもう出ることはないであろうカラーリング。GMT針のみ赤色で他は黒ベースです。最もクラシックなスタイルのGMTマスターと言えるのではないでしょうか?


このモデルを市場で見てみる



GMTマスター はパイロットウォッチとして誕生




1950年代、パン・アメリカン航空(パンナム航空)は国際線旅客機を投入し、その運行を行うパイロットは2つのタイムゾーンを把握可能な腕時計を必要としていました。そこからGMTマスターの開発が始まっています。

世界をまたにかけるプロフェッショナルのための腕時計。それこそがGMTマスターです。

GMTマスターをロデオドライブで見てみる



GMTマスター偉人にも愛される




例えばチェゲバラ。言わずと知れた革命家です。例えば石原裕次郎。昭和の日本を代表する大スターです。

名優、高倉健さんが故松田優作さんがハリウッド進出の際に送ろうとした腕時計も、ロレックスのGMTマスターだったようです。


エクスプローラー1やサブマリーナーのように特別愛用者が多いモデルではありませんが、なぜかGMTマスターを愛用する方は大物が多い。そんな気がします。

GMTマスターをロデオドライブで見てみる



”関連記事”
ロレックス エクスプローラー1を愛用する芸能人、俳優、著名人まとめ

ロレックス サブマリーナ(デイトORノンデイト)を愛用する芸能人、著名人のそうまとめ

ロレックス ミルガウスを愛用する芸能人、著名人

ロレックス コスモグラフ デイトナを愛用する芸能人、有名人まとめ

ロレックス デイトジャストを愛用する芸能人、著名人の総まとめ
関連記事