スポンサーリンク

ユンハンス マックスビルの魅力|バウハウスの哲学を体現した腕時計

ドイツの実用腕時計メーカーのユンハンス(JUNGHANS)。ユンハンスは1861年に会社設立後、すぐにドイツ時計産業の信頼できる精密機器として世界的に高い評価を受けるようになりました。この記事ではユンハンスの最も人気の高いモデル、マックス・ビルについて書いていきたいと思います。



ユンハンス マックスビルとは?


ユンハンスのマックスビル。マックスビルとはそもそも人の名前です。バウハウス最後の巨匠とも謳われ、建築・彫刻・画家・グラフィックデザインなど多分野で活躍したデザイナーのマックスビル。その人がデザインしたモデルなんです。



バウハウスのデザイン哲学は、奇をてらわず機能を徹底的に追及した必要最小限のデザインとなっています。現代モダンデザインの原点とも言えます。バウハウスのデザイン哲学は未だに多くのデザイナーに影響を与え続けています。

マックスビルのデザインした腕時計は、機能を徹底的に追及した故のデザインなのです。



これはマックスビルのデザイン画。とは言っても腕時計はマックスビル本人がデザインしたわけではないようです。1957年にユンハンスはマックスビルに時計のデザインを依頼。とはいってもこの時計は腕時計ではなく壁掛け時計だったといいます。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)に永久収蔵されたこのデザインを元に後の1962年、遂に腕時計が完成しました。

デザインの基は60年以上前に出来上がっていたことになります。そんな腕時計を手に取ることができる。それだけでも何かロマンを感じます。



ユンハンス マックスビルの魅力




マックスビルの魅力、それは腕時計としての最低限のシンプルさ。視認性の良さ。盛り上がりのあるドーム風防でしょうか。

シンプルなデザインの腕時計は安いものから高いものまで数多くあります。
ダニエルウェリントンを始めとする北米系デザインの腕時計がここ最近では流行ってきました。ユンハンスの腕時計に似たものは数多くあります。しかし、マックスビルにはバウハウスのデザイン哲学に基づいて造られたというしっかりとした背景があり、時計として語るには十分はストーリーがあります。

時計にこだわる人には欠かせない部分でしょう。

それから非常に丸みの強いドーム風防。



これだけ丸みのある腕時計はなかなかありません。どこか懐かしい柔らかな雰囲気を持っており、その他の大量生産のチープなブランドの腕時計と比べると大きく違うことがわかります。

若い人にも誰にでも似合う稀有な腕時計だと思います。



ユンハンス マックスビルのおすすめモデル


ユンハンス マックスビルにはバリエーションがありますが、大きく分けて2種類。それはシンプルな3針モデルのオートマティックとクロノグラフ機能のついたクロノスコープです。


マックス・ビル バイ ユンハンス オートマティック 白文字盤




オートマティックはケース径が38mmとなっており、最近の腕時計で言えばやや小ぶりと言えるサイズかもしれません。しかし、ベゼルが極薄で文字盤が非常に大きいため、サイズよりも大きく見えます。

実際にはシャツの裾にも収まるのでビジネスの場面では最高の一本でしょう。白文字盤を選べばどこに着けていっても間違いありません。

マックスビルにはクォーツ式のモデルもありますが、永く愛用するなら機械式をおススメします。



世界の時計市場で検索する

ヤフーで検索する




マックス・ビル バイ ユンハンス クロノスコープ




ユンハンスの腕時計の中でも上級に位置するマックス・ビル バイ ユンハンス クロノスコープ。1960年代によく見られたシンプルなプッシュボタンも魅力的です。

レザーベルトのラインナップもありますが、夏での使用も考えれば購入する際はアンティーク調のメッシュベルトがおススメ。
購入後にレザーベルトを買い足して状況によって使い分ければあらゆるシーンに対応してくれます。

個人的な感想として、ユンハンスの腕時計の中でデザイン的に最も魅力的なモデルだと思います。



世界の時計市場で検索する

ヤフーで検索する

関連記事