スポンサーリンク

ハイクラス(超高所得)の方々におすすめの腕時計|被らない一本を

世の中にはハイクラスと言われる方々が存在します。いわゆる超富裕層です。一般庶民の生涯年収を軽く稼いでしまう人達です。そういう人達は腕時計へのこだわりも半端ではないはず。この記事ではハイクラス(超高所得)の方々におすすめの腕時計を紹介していきます。



RICHARD MIILE/リシャール・ミル




腕時計界にさっそうと登場したのは2007年。F1や航空宇宙産業において使用される最新技術や素材を使用し、完璧さを追求した唯一無二の究極の時計を目指しています。

コンセプトは”エクストリームウォッチ”。リシャール・ミルの時計作りの哲学とは、それぞれの時計作りで優れた時計専門家の力を借り、最高質のパーツを集めた高度な技術を駆使した、いわば「レーシングマシン」に匹敵するエクストリームウォッチを製造することなのです。

一つ一つの腕時計は全て手作業にて完成します。1本の腕時計にかけるコストや時間は他の時計ブランドに比べてもはるかに膨大なため、リシャール・ミルの腕時計は1000万円からとその分価格帯も高くなっています。

著名人のスポンサードにも長けており、ここ数年で知名度が一気に上がってきました。テニスプレイヤーのラファエル・ナダルはその一人で試合中もリシャール・ミルの腕時計を着用しています。プレーに影響を与えない軽量さでありながらもナダルの激しいプレーに耐えうる耐久性も持ち合わせています。



リシャール・ミルを購入する




Patek Philippe/パテック・フィリップ コンプリケーションモデル




世界一の腕時計メーカー、パテック・フィリップ。腕時計好きは誰もが最後に行きつくメーカーと言われています。シンプルなラウンドウォッチから超複雑なコンプリケーションモデルまで幅広いラインナップがありますが、パテック・フィリップの腕時計はどれを選んでも正解と言えます。

扱いやすいスポーツウォッチ、ノーチラスやアクアノートは絶大な人気からプレミア価格で取引されています。が、やはりハイクラスの方々に使っていただきたいのはコンプリケーションモデル。せっかくパテック・フィリップを選ぶのならその神髄に触れて頂きたいと思います。

著名人でも各国の王室から芸能人まで数多くの方がパテック・フィリップの腕時計を愛用されています。



パテック・フィリップを購入する




Breguet/ブレゲ トラディション




時計の歴史を200年早めた時計技師ブレゲが200年以上前に始めたメーカーです。その顧客にはマリー・アントワネットやナポレオンなど、歴史上の人物も名を連ねており、特にマリーアントワネットのために製作した超複雑懐中時計、No.160は200億円とも言われています。

クラシックなものからマリーン、アエロナバルなど、スポーツウォッチも揃えるブレゲのラインナップ。その中でも、特にハイクラスの方々が愛用するのがこのトラディションです。

このモデルは、ブレゲ本人が考案した伝説の時計「スークリプション」から着想を得ています。文字盤側、裏側からも機械の内部を見ることができます。

時間は7~8時位置にある小さな文字盤から読み取ることになります。時間よりも、躍動するムーブメントの中身を見ることに重きを置いたブレゲらしい一本です。



ブレゲ トラディションを購入する




URWERK/ウルベルク




これはなんでしょうか?マーベルのアイアンマンの装備で出てきそうです。このウルベルクは1997年のバーゼル・フェアで、アカデミー(AHCI 独立時計師創作家協会)のメンバーとしてデビューを飾りました。

年間製作本数は200本程度と非常にブランド自体が希少性の高いものになっています。

ウルベルクの代表的なモデルであるこの時計のアワー表示は、東から西に移動する太陽のように、回転ディスクに刻まれた数字が東の水平線上に現れ、弧を描いて移動しながら西に沈むという設定です。

見た目のインパクトは絶大。価格帯は少数生産もあり1000万円越え。しかし、その独特のフォルムと時間表示、99%人と被らないというところを考えると妥当かもしれません。



ウルベルクを購入する




いかがでしたでしょうか?



ハイクラスの方々向けに超高額腕時計を紹介しました。もちろん高額であればいいというわけではありません。伝統や歴史を重んじる人もいると思います。独創性や最新技術や見た目のインパクトで選ぶ人も。

そしてどうせお金を掛けるなら被らない一本を選びたいところですよね。

世界の時計市場で探す



”関連記事”
パテックフィリップのオーバーホールはどれくらい?購入前に見て欲しい。

アンティーク(ヴィンテージ)デイトナの魅力|おすすめショップも

親から子へ 世代を超えて受け継いでいく腕時計を本気で考えてみる

ブレゲの新型マリーンがカッコよく見えてきた。なれって怖い。

Breguet(ブレゲ)の腕時計を愛用する芸能人、著名人まとめ

関連記事