スポンサーリンク

故障しにくい頑丈な高級腕時計と故障しやすい高級腕時計とは!?

高級腕時計の落とし穴は壊れることがあるということです。せっかく思い切って購入したのに壊れるとなるとテンションダダ下がりですよね。この記事では頑丈で壊れにくい高級腕時計故障しやすい高級腕時計を考えていきます。



高級機械式腕時計はそもそも故障しやすい!?


高級な腕時計は機械式が多いです。機械式の腕時計とは小さな歯車やゼンマイなど、シンプルなものでも100以上の部品が精密に絡み合って動きます。そのどれもが完璧に動かないと機械式腕時計は時間を刻めません。

そして腕時計だけに限らず機械というのは構造が単純であればあるほど故障しにくく、複雑になればなるほど故障しやすくなってきます。

そう、値段が高ければ故障しにくいわけではないのです。そのため、実用時計の代名詞でもあるロレックスは複雑な機構を有するモデルがありません。

故障しやすい高級機械式腕時計は?


前述の通り、複雑な機構を有するモデルの方が故障が多いです。また、ブランドによっても故障しやすい、故障しにくいはやはりあるようです。

時計技師がよく挙げるのがブレゲの腕時計です。



理由としては、人気モデルにも複雑な機構が使われているモデルが多いところが挙げられるでしょう。これは創業者ブレゲも泣いていることでしょう。
口コミがよく挙げられている人気モデルのマリーンやアエロナバルのシンプルな3針モデル、クロノグラフなんかは故障しやすいという口コミは見られなかったのでご安心を。

そしてさらに故障が多いと有名なのはフランクミュラーです。



これは見た目で選ぶと失敗する典型的な例だと思います。
これは個人的な体感ですが、私の周りでもフランクミュラーを購入して失敗している人は多いです。

しかも、オーバーホールに要する期間が長いというおまけつき。不思議と複雑系でないモデルも故障するというのも気になるところでしょう。

カサブランカなどの入門モデルには完全自社生産ではないムーブメントが使われているのも関係しているのでしょうか。

やはりこういった腕時計は高級機械式腕時計を何本も所有して、日によって付け替えられる人に向いているのだと思います。

故障しにくい頑丈な高級機械式腕時計は!?



時計技師がよく挙げるのはやはりロレックス、それから日本のセイコーです。ロレックスはそもそも実用時計として始まったブランドです。世界的に有名な他のメーカーはそのほとんどが宝飾用の時計メーカーとしてスタートしています。故障しにくく防水性能も抜群のロレックスはやはり伊達ではありません。高級機械式腕時計で最も需要が多く、沢山の人が使用していながら口コミには故障や不具合といった類のものはほとんどありません。

それからセイコー。高級腕時計となれば、グランドセイコーやガランテになると思います。クォーツのモデルですら70年以上は持つと言われています。衝撃性や防水性のも高く、日常使いには持ってこいでしょう。

また、タグ・ホイヤーやIWC、ブライトリングのシンプルなモデルも故障率が少ないといわれています。
一本目として購入し、毎日使用するのならこのあたりのブランドのシンプルなモデルを狙えばしばらく安心して使えそうです。

最強の高級腕時計は!?



機械式にこだわらなければやはりクォーツの腕時計の方が、駆動する部品が圧倒的に少ない分衝撃には強くなります。

そうなると最強の高級腕時計はグランドセイコー クォーツということになるでしょう。値段も10万円代からありながら種類も豊富です。高級な腕時計は一本だけという考えならまさに一生使える腕時計と言えるでしょう。
グランドセイコー クォーツを検索する


高級ブランドでクォーツ式の腕時計のラインナップがあるのは他にもタグ・ホイヤー、ブライトリングなどがあります。タグ・ホイヤーは有名なフォーミュラ1やモナコ、カレラがラインナップ。ブライトリングのコルトスカイレーサーなんかは素材も軽量で非常に魅力的な腕時計です。

タグ・ホイヤー クォーツを検索する


ブライトリング クォーツを検索する


それでも高級機械式腕時計が欲しい!!


高級腕時計といえば機械式です。針が小刻みにチッチッチッチッと動くさまは本当に美しいですよね。

高級機械式腕時計を購入するなら故障した時にも備えられるように修理先を決めておくと安心です。正規店で修理をするのか、修理専門業者を使うのか。

修理専門業者を使えばより安く修理することができます。業者選びは実績が多く、信頼できるところを選びたいところですね。

”関連記事”
時計修理、オーバーホールならこの2社に決まり!!

関連記事