スポンサーリンク

ロレックス 36mmサイズのおすすめモデル 5選

最も扱いやすいといわれる腕時計のサイズは36mm径と言われています。それはヴィンテージ物の腕時計を見ればわかります。36mm径の腕時計の歴史は1950年代から始まり今に続いています。現在では40mm以上の腕時計が主流になっていますが、36mmのモデルは現在も永遠の定番として生産され続けています。この記事ではロレックスの36mmのモデルとリストショットをお送りします。



ロレックス エクスプローラー1 Ref.114270



36mmのロレックスで最も人気があるモデルと言えば1世代前のエクスプローラー1でしょう。2010年に39mmへサイズアップしましたが、1世代前のエクスプローラー1の人気は衰えることを知りません。

むしろ次回のエクスプローラー1のモデルチェンジではサイズダウンするのではという予想もあります。それほど支持している人は多いんです。エクスプローラー1は探検家のために造られたモデル。エクスプローラー1の誕生は、人類史上初のエベレスト登頂を記念したものです。そのため、厚手の長袖にすっぽりと収まるサイズが本当のエクスプローラー1だと唱える人もいます。



スーツにもピッタリと合うサイジング。小ぶりなエクスプローラー1が支持されるのはこれも理由です。




ロレックス ターノグラフ Ref.116264



ロレックスのデイトジャストの中のバリエーションの一つ。シリーズの中で唯一回転ベゼルが取り付けられています。そのため、セミスポーツモデルという立ち位置です。若者にも人気の高い一本です。

普通のデイトジャストに比べると非常に個性的な外観のためか、すでに廃盤となっています。



元々はサブマリーナーなど、回転ベゼルを持つプロフェッショナルウォッチの始祖的なモデルなので、復活が期待されるところです。

ターノグラフを購入する



ロレックス デイトジャスト Ref.126200



ロレックスの最もスタンダードなモデルと言えるデイトジャスト。サイズアップした41mmのモデルもありますが、36mmモデルの人気は根強いものがあります。ロレックスの発明した3大機構がすべて使われたモデルで、ファーストロレックスとしても人気のモデルです。芸能人の愛用者も多い一本。

”関連記事”
デイトジャストの白文字盤を芸能人はなぜ好むのか?

デイトジャストを愛用する芸能人、著名人の総まとめ

2019年にモデルチェンジしましたが、よりスポーティになった印象です。

”関連記事”
ロレックス デイトジャスト36がモデルチェンジ!!Ref.126200へ


※写真は1世代前のデイトジャスト

腕に着けた装着感は良いの一言。ジュビリーブレスレットのモデルは特に装着感が良いと評判です。

デイトジャストを購入する

ロレックス オイスターパーペチュアル36 Ref.116000



デイト表示を持たないシンプルなロレックスウォッチ、オイスターパーペチュアル36。ロレックスの中でも最も安いモデルです。
安いといってもなかなかあなどれません。値段もそうですが、性能は他のモデルと遜色ありません。

文字盤の種類も非常に豊富で選ぶ楽しさもあります。



シックなモデル、ポップなモデル、派手な色使いのモデルと個性を主張することのできるモデルです。



一本目のロレックスなら遊び心のあるモデル、他にスポーツロレックスをお持ちならシックなモデルを選んでシーン別に使用されてはいかがでしょうか?

オイスターパーペチュアル36を購入する

番外編 ロレックス ヨットマスター Ref.268622



少し番外編です。ロレックス ヨットマスターにはレディースモデルの37mmサイズがあります。

実はこのモデル、男性にも人気のモデルなんです。回転ベゼル付きのロレックスはサブマリーナーを始め多くありますが、40mm以下のモデルはこのヨットマスター以外にありません。

特に現行モデルのダイバーズウォッチはラグも太くなりゴツイ印象が否めません。スーツに合わせる方もいますが、腕の細い方にはスーツスタイルにはイマイチです。



それをこのヨットマスターなら解消してくれます。サイズが小さい分、シャツの裾にも収まりやすいですし、シルバーのベゼル、ダイヤルも品があります。ロレックスのダイバーズウォッチが大きすぎると感じる方にはいい選択肢だと思います。

お値段も中古品なら100万円前後と購入しやすいところも魅力的です。

ヨットマスター37を購入する


関連記事