スポンサーリンク

最初のパネライ ラジオミール カリフォルニア PAM00424

オフィチーネ・パネライはイタリア海軍向けに計器を製造するメーカーとして誕生しました。そして1936年に最初の腕時計が製造されます。最初の腕時計は「特殊な夜行性を備えたダイバーズ ウォッチ」です。ローマ数字 とアラビア数字の独特な配置、バー型のアワーインデッ クス、そして線路状のミニッツサークルが特徴的です。これは暗闇でも視認性を高めるために採用されたパターンでした。




"パネライ ラジオミール カリフォルニア PAM00424"




パネライの腕時計と言えばルミノールですが、ラジオミールは最初にパネライ社が製作した80年以上の歴史と伝統あるモデルです。中でもこのカリフォルニアダイヤルはパネライが最初に造ったラジオミールに搭載されていました。

原始に造られたとあって、特徴的なパネライの中でもさらに異彩を放っているのがこのラジオミール カリフォルニア 47mmです。PAM00424は最初に造られたパネライウォッチをサイズからフォルムから忠実に再現しています。




"ラジオミール カリフォルニア PAM00424のスペック"





主なスペック

手巻きメカニカル、パネライ自社製P.3000キャリバー、21石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時インカブロック®耐震機構。パワーリザーブ3日間、2バレル。構成部品164個。
ケースサイズ47mm

機能

時、分表示、100m防水



コメント

手巻きの自社製ムーブメントを搭載。大きなボディに非常にシンプルな2針モデル。さらにこのモデルの文字盤にはパネライの文字は入っていません。6時上にオフィチーネ・パネライのロゴが入るのみです。ラジオミールはルミノールに比べれば丸っこく、ゴツゴツした感じはありませんが、47mmのサイズは流石に迫力大です。




"ラジオミール カリフォルニア PAM00424の価格"




定価:928800円(税込み)



パネライの腕時計の中では中堅どころ。中古市場ではそれほど数が多くない。60万円台が多いが、時には50万円付近の値段が付いている場合もある。



<<PAM00424を購入する>>




"ラジオミール カリフォルニア PAM00424のリストショット"




47mmのサイズがありながら、ラグが目立たないため文字盤がどんと手首に乗っかているようです。ローマ数字 とアラビア数字の独特な配置でミステリアスな印象。80年前のイタリア海軍の隊員も同じようにこのリストショットを見ていたと思うと感慨深いものがあります。丸っこいフォルムがイタリアンデザインを感じさせます。




"動画で確認"





<<PAM00424を購入する>>





"パネライをローンで購入する方はこちら"


関連記事